花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【アトピー性皮膚炎】お風呂上りに体が痒い! お湯の温度で痒み対策できる

      2015/11/15


アトピー性皮膚炎や乾燥肌の人にとって、人にとっては「お風呂がつらい」と感じる人も多いでしょう。
お風呂に入った後に感じる痒み、お風呂に入っていると傷口が居たい等の理由からお風呂そのものが憂鬱になってしまう事もしばしば。

塩素も除去したし、いいシャンプーも使った、天然成分のボディーソープも使っているのに、どうしてこんなにも肌はイマイチなんだろう・・・
そんな人はお風呂に入るときの「お湯の温度」が原因になって体の痒みを感じている可能性があります。

 

お風呂上りに体がかゆくなる原因や入浴時に痒みを抑える・解消する方法を紹介しています。
面倒な手順など必要なく今日から始められるものなので是非チェックして活用してくださいね。

 

 
お湯

 

 

お湯の温度と自律神経の関係


お湯の温度と自律神経の関係
私たちはお風呂に入り、入浴するときに必ずと言って「お湯」に触れると思います。
この「お湯」ですが、私たちの人間の体である「自律神経」にさまざまな効果を与えるのです。

 
私たちの皮膚には「感覚器官」と呼ばれるものが備わっていて、この感覚器官によって感じる「温度」によって私たちの体は温度ごとに様々な反応を起こします。「お湯の温度」ももちろん例外ではなくお湯の温度によって私たちの体の状態も変わるんです。

 
私たちの肌に感じる「痒み」というのも、自律神経が働いた結果起こるものなので、適切なお湯の温度でないと「お風呂上りに体がかゆい!!!」という事になってしまうのです。

 

  • 朝、熱めのシャワーを浴びると目が覚める。
  • 夜、ぬるめのシャワーを浴びるとリラックスできる。

 

このような話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
実際にこのような効果を実感して実践している人も少なくは無いでしょう。

 
これは”気分的に”という話だけではなく、体が体に触れた「お湯の温度」を感知して体の状態を変えているというれっきとした理由があったのですね。

 

 

 

 

お湯の温度の影響を受ける自律神経とは何?

自律神経神経そのものについては「【肌荒れ】自律神経の乱れが肌荒れに! 原因と対策について知ろう!」で詳しく紹介しているので是非チェックしていってください。
自律神経の知識と理解はアトピー治療の上でとても重要な物となってくるので、アトピー性皮膚炎や乾燥肌で悩む人にとってとても有益な情報となるはずです。
 

 

 

 

自律神経とお湯の温度の関係


自律神経とお湯の温度の関係
「お湯の温度」というのは自律神経に大きな影響を与え、肌の状態を大きく左右してきます。
体の状態にとってお湯の状態が適切でなかった場合は、もちろん肌の負担となり自律神経を乱して肌荒れの原因になってしまう事もあり、お湯の温度は適切な温度を設定する必要があるのです。

体の状態にとって適切な温度で入浴する事で肌の負担となるのを軽減し、自律神経を整え逆に肌を健やかに綺麗にしてくれる効果を期待する事が出来ます。

  • 冷たい水は触れるだけで痛い
  • 熱すぎるお湯は触れれば手がすぐにひっこむ

こんな経験を一度はした事があるのではないでしょうか。「痒み」だけでなく体にとって「適さない温度」というのは痛みすら感じ、体の動きすらも左右しますよね。
同様に程よい適切な温度というのは「体をリラックスさせ、肌を回復させる」効果が高まるのです。

 

皮膚の温度感知を通じて、脳に温度の信号が来ると自律神経の働きにより、それに応じて体の状態が変化します。
これを効率的に使う事が、アトピーを治療したり、お肌のケアをする上でキーポイントとなります。

 

 

 

 

痒みを抑えるのに最適なお湯の温度


お湯から自律神経を操る
では、具体的にかゆみを抑える上で最適な温度というのは何度なのでしょうか?
多少の個人差はありますが、入浴後の痒みを抑える・解消を目的としたお湯の温度は「38度」が適切です。

 
何故、38度が適切なのか?という事なのですが、この温度がちょうど自律神経の「交感神経」と「副交感神経」を刺激する境目となるからです。

 
38度を境に、この温度を超えると人の体は「交感神経が優位」になり、活動的な状態になります。逆に「38度付近」に温度を設定する事で「副交感神経」が優位になり、体が回復する上で必須となるリラックスの効果を得る事が出来るのです。

 

 

 

 

朝起きたら「38度以上」のお湯で! 交感神経を働かせてアトピー撃退


朝起きたら「38度以上」のお湯で! 交感神経を働かせてアトピー撃退
朝起きたら「38度以上」の”熱めのお湯”でシャワーを浴びます。
これにより、「交感神経を優位」な状態にする効果が期待できます。

 
目覚めて交感神経を優位にする事が出来れば、活動的な生活を送ることができます。
集中力があがり、身体能力も発揮できる状態となります。

 
そして、「交感神経を優位にして、活動的な生活」を送るときは「多少の痛みや痒み」は気になりません。
これにより、アトピーによる苦しみから解放される時間を持つことが出来ますよね。

 

 

 

一日が終わったら「38以下」のお湯で! 副交感神経を働かせてアトピー肌を回復させる


一日が終わったら「38以下」のお湯で! 副交感神経を働かせてアトピー肌を回復させる
次に一日が終わった後の話です。
一日が終わったら、「38以下」の”ぬるめのお湯”でシャワーを浴びます。

 
これにより「副交感神経を優位」な状態にする効果が期待できます。
一日を活動的に過ごして来たら、それ相応に体はダメージを受けています。

 
それは肌そのもの以外にも肌の栄養を運ぶ血管や肌を作る真皮であっても同じです。

 
帰ってきて「副交感神経を優位にして、休息や回復のできる環境」を作る事で、体の治癒力を高める効果を期待します。

 
特に「自律神経と副交感神経優位の状態が入れ替わるとき」が一番体としては「不安定」な状態になりがちです。
「ぬるめのお湯」を使う事で、自律神経の働きを安定的に交感してやる事で「アトピーの痒み」から解放されやすいようにします。
ただし、冬の季節などは風邪をひかないよう、お風呂場の温度をうまく調節してください。

 
“副交感神経”をうまく働かせる方法については以下の記事も参考にします。それぞれをうまく取り入れる事で”治癒”や”回復”を促進していける肌環境を作ってみてください。
【アトピー性皮膚炎】アトピーの治療にアロマが効果的! 香りでリラックスしよう
【アトピー性皮膚炎】アトピーの完治の為に!音楽を聞く事が治療になるなんて!

 

 

 

入浴後の乾燥対策も大事!入浴剤にもこだわろう


入浴後の乾燥対策も大事!入浴剤にもこだわろう
お風呂に入るのであれば入浴後の乾燥対策もとても大事です。
入浴後の乾燥対策の意味でも入浴時に使う入浴剤にもまずはこだわってみましょう。

入浴剤を利用する事によって副交感神経を刺激して気持ちをリラックスさせる効果を期待する事も出来る事や、入浴剤そのものに保湿効果がある物を利用すれば風呂上りの乾燥対策にもなり、うるおった肌で痒みを軽減する事にもつながります。

アトピーや乾燥肌の人におすすめの入浴剤が「みんなの肌潤風呂」です。
アトピーで悩む多くの人が、この入浴剤を利用する事で痒みの軽減や解消を実感しています。

お湯の温度の調整と一緒に利用する事で、より高い効果を実感する事が出来る事と思います。

みんなの肌潤風呂について詳しくはコチラ:みんなの肌潤風呂

 

 

 

 

お風呂上りに体が痒い! まとめ



お湯の温度と自律神経の関係
私たちはお風呂に入り、入浴するときに必ずと言って「お湯」に触れると思います。
この「お湯」ですが、私たちの人間の体である「自律神経」にさまざまな効果を与えるのです。

 
私たちの皮膚には「感覚器官」と呼ばれるものが備わっていて、この感覚器官によって感じる「温度」によって私たちの体は温度ごとに様々な反応を起こします。「お湯の温度」ももちろん例外ではなくお湯の温度によって私たちの体の状態も変わるんです。

 
私たちの肌に感じる「痒み」というのも、自律神経が働いた結果起こるものなので、適切なお湯の温度でないと「お風呂上りに体がかゆい!!!」という事になってしまうのです。


自律神経とお湯の温度の関係
「お湯の温度」というのは自律神経に大きな影響を与え、肌の状態を大きく左右してきます。
体の状態にとってお湯の状態が適切でなかった場合は、もちろん肌の負担となり自律神経を乱して肌荒れの原因になってしまう事もあり、お湯の温度は適切な温度を設定する必要があるのです。

体の状態にとって適切な温度で入浴する事で肌の負担となるのを軽減し、自律神経を整え逆に肌を健やかに綺麗にしてくれる効果を期待する事が出来ます。

  • 冷たい水は触れるだけで痛い
  • 熱すぎるお湯は触れれば手がすぐにひっこむ

こんな経験を一度はした事があるのではないでしょうか。「痒み」だけでなく体にとって「適さない温度」というのは痛みすら感じ、体の動きすらも左右しますよね。
同様に程よい適切な温度というのは「体をリラックスさせ、肌を回復させる」効果が高まるのです。


お湯から自律神経を操る
では、具体的にかゆみを抑える上で最適な温度というのは何度なのでしょうか?
多少の個人差はありますが、入浴後の痒みを抑える・解消を目的としたお湯の温度は「38度」が適切です。

 
何故、38度が適切なのか?という事なのですが、この温度がちょうど自律神経の「交感神経」と「副交感神経」を刺激する境目となるからです。


朝起きたら「38度以上」のお湯で! 交感神経を働かせてアトピー撃退
朝起きたら「38度以上」の”熱めのお湯”でシャワーを浴びます。
これにより、「交感神経を優位」な状態にする効果が期待できます。

 
目覚めて交感神経を優位にする事が出来れば、活動的な生活を送ることができます。
集中力があがり、身体能力も発揮できる状態となります。

 
そして、「交感神経を優位にして、活動的な生活」を送るときは「多少の痛みや痒み」は気になりません。
これにより、アトピーによる苦しみから解放される時間を持つことが出来ますよね。


一日が終わったら「38以下」のお湯で! 副交感神経を働かせてアトピー肌を回復させる
次に一日が終わった後の話です。
一日が終わったら、「38以下」の”ぬるめのお湯”でシャワーを浴びます。

 
これにより「副交感神経を優位」な状態にする効果が期待できます。
一日を活動的に過ごして来たら、それ相応に体はダメージを受けています。

 
それは肌そのもの以外にも肌の栄養を運ぶ血管や肌を作る真皮であっても同じです。

 
帰ってきて「副交感神経を優位にして、休息や回復のできる環境」を作る事で、体の治癒力を高める効果を期待します。


入浴後の乾燥対策も大事!入浴剤にもこだわろう
お風呂に入るのであれば入浴後の乾燥対策もとても大事です。
入浴後の乾燥対策の意味でも入浴時に使う入浴剤にもまずはこだわってみましょう。

入浴剤を利用する事によって副交感神経を刺激して気持ちをリラックスさせる効果を期待する事も出来る事や、入浴剤そのものに保湿効果がある物を利用すれば風呂上りの乾燥対策にもなり、うるおった肌で痒みを軽減する事にもつながります。

アトピーや乾燥肌の人におすすめの入浴剤が「みんなの肌潤風呂」です。
アトピーで悩む多くの人が、この入浴剤を利用する事で痒みの軽減や解消を実感しています。

お湯の温度の調整と一緒に利用する事で、より高い効果を実感する事が出来る事と思います。

みんなの肌潤風呂について詳しくはコチラ:みんなの肌潤風呂


 

 

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様が健やかなスキンライフを送れますように。

スポンサーリンク




 - アトピー , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

手帳
【アトピー性皮膚炎】アトピー完治の方法 湿疹の状態を管理しよう!

アトピー性皮膚炎は治りにくい病気だと言われています。 アトピー性皮膚炎がなぜ治り …

花畑
【アトピー性皮膚炎】アトピーの治療にアロマが効果的! 香りでリラックスしよう

アトピー性皮膚炎は痒くて痛くてイライラするし、いつ治るのか不安になるものです。 …

ステロイド副作用
【アトピー性皮膚炎】ステロイド(外用剤)の副作用ってこういう事か!わかったぞ!

様々な治療で利用されるステロイドで、一昔前は最高の薬だとか悪魔の薬だとか言われて …

【アトピー性皮膚炎】部屋カビ対策でアトピーを治療する!カビ対策グッズ!
【アトピー性皮膚炎】部屋カビ対策でアトピーを治療する!おすすめカビ対策グッズ!

ふとした瞬間に気付くと壁に黒いカビが・・・   お部屋は普段の忙しさや …

大人
【アトピー性皮膚炎】大人アトピーの原因を知って治療する 治すなら徹底的に!

一昔前はアトピー性皮膚炎と言えば、大人になれば治ると言われていました。 &nbs …

炎症
【アトピー性皮膚炎】炎症を抑えて保護しよう ぶつぶつジュクジュク湿疹

アトピー性皮膚炎の状態にはぶつぶつジュクジュクして辛い症状があります。 この状態 …

お酒
【アトピー性皮膚炎】アトピーでお酒の飲み過ぎは禁物!休肝日を作ろう!

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

ガラスの天使
【肌荒れ】肌荒れが治らない原因 悪化は早いが再生が遅い!

なかなか治らない肌荒れ、非常に悩ましいですよね。 私は幼少期からアトピー性皮膚炎 …

洗浄・保護
【アトピー性皮膚炎】アトピー肌はこうやって洗う!水道水の塩素に注意!

アトピー性皮膚炎を治療する上で、基本となる行動があります。 アトピーの「湿疹」「 …

体がかゆい! 合成洗剤にご注意!合成洗剤と石鹸の違い
【アレルギー】体がかゆい!合成洗剤にご注意!合成洗剤と石鹸の違い

アレルギー体質の人は「合成洗剤」に注意しましょう。 実はアレルギー体質以外の人で …