花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【アレルギー】子供が喘息になった 対処と治療方法を日常的に行おう

      2015/11/15


子供の喘息は本人もつらいですし、周りから見てもつらいものです。
子供がアトピー体質を持っている場合、かなり高い確率で喘息を発症するとも言われています。

 
では、子供が喘息になってしまった場合は、どのような対処方法や治療方法があるのでしょうか?

 

「子供の喘息 日常の対処と治療方法」では、子供が喘息になった場合の家での対策や治療方法、注意すべき点などについて紹介しています。
子供の呼吸の様子が日常的におかしいな?と感じているご両親様に役立つ情報なのでチェックしていってください。

 

 
子供の喘息 日常の対処と治療方法
 

 

家庭での対策




家庭での対策
大人もそうですが、子供が多くの時間を過ごすのは家庭の中です。
家庭のなかで生活する内に、喘息の発作が起きたりする事もあるでしょう。

 
家の中で過ごす上では家庭内の環境を整える事がとても重要です。
大人は免疫が完成している為、なんてことない環境であっても子供はまだ大人としてのカラダが出来上がっていないので免疫も低いため、環境から受ける影響は大きいものとなるからです。

 
子供の喘息発作を治療したり症状を抑えたりする上で、家で出来る事というのは次のような事があります。

  • アレルギー予防
  • 鍛錬
  • 健康食品の活用



アレルギー予防
アレルギー予防としては「アレルゲンを避ける」ようにし、「アレルゲンの効果を増大させない」事がポイントとなります。
具体的に何をするのかということを列挙すると次のような対策をする事がおすすめです。

  • 肌着は木綿の物にする
  • 洗濯は粉石けんを使い柔軟剤などはできる限り使用しない
  • 布団はよく乾かして掃除機をかける
  • 毛布は避けてタオルケットにする
  • ダニよけ布団を使う
  • 犬・猫・鳥などのペットは飼わない
  • 絨毯は出来る限り使わない
  • 生活の場をフローリングの部屋にする
  • ぬいぐるみは洗えるものにする
  • 掃除はまめに行い、電気掃除機を使う事
  • 風呂場の風通しに気を付けてカビを発生させない
  • シックハウスに気を付ける

 
このような事を徹底するだけで、かなりの効果が表れる方もいるかもしれませんね。
何より喘息は「細かい毛」等がアレルゲンとなったりダニアレルギーの事が心配されます。

 
細かい毛を遠ざけ、ダニを避け、カビを発生させないだけで生活の場としては健やかに過ごせる環境を作り上げていく事が出来るのではないでしょうか。


鍛錬(体質改善)と生活習慣の確立

どれだけアレルゲンを遠ざけても根本となる体の質が改善されない事には、家庭の場を離れたときに喘息の発作を起こしてしまう可能性があります。
喘息の発作は家庭で過ごしている時にのみ起こる物ではない為、体を鍛錬し体質改善に取り組む事が良いです。

 
体質改善としてのポイントを列挙すると次のような物がお勧めです。

  • 朝昼晩 三食食べる
  • バランスの良い食事を心がける
  • 早寝早起き押して生活リズムを整える
  • 風呂上りに水をかぶる冷水浴などで自立神経を鍛える
  • 水泳など体力をつける鍛錬を続ける

 
生活の習慣を整える事は喘息ではとても重要な事です。
逆に生活習慣が乱れると、今まで気管支喘息を持っていなかった成人でさえも喘息の発作を起こす事もあるように生活習慣を整える事は喘息と密接に関係していると言えます。

 
また、鍛錬の際の注意点としては「運動誘発性喘息」がある事が挙げられます、この喘息は運動をする事で気管支喘息の発作を起こすものです。
この性質の喘息を持っている場合「マラソン」が一番、運動誘発性喘息の発作を引き起こしやすく、逆に「水泳」が一番起こしにくいと言われています。

 
つまり、水泳によって体を鍛える事が喘息の場合は適切であると言えます。


健康食品の活用
食事に気を付けて健やかに子供に成長してほしいと願う物ですが、子供が成長に必要な栄養が不十分である事も少なくはありません。
免疫を高める上では十分な栄養が体にある事が必須条件となるので、不足しがちな栄養素を食品で補う事も視野に入れましょう。

 
お子様によっては好き嫌いが激しく、なかなか十分な栄養を摂取する事が出来ない場合であっても健康食品は役に立つ事があるのです。
健康食品は「薬」ではないので副作用などを過度に心配する必要がないところも親としては嬉しいところですね。

 
例えば、子供での飲みやすい「バナナ青汁」等の健康食品があります。青汁は健康効果が高く免疫を強める栄養がギッシリ詰まっていますが、子供としては飲みづらいという悩みがあります。
バナナ青汁のように子供でも「おいしい」と感じる食品を用いる事で子供も喜び免疫も強くなって喘息が改善される効果も期待する事が出来ます。

 
バナナ青汁について詳しくはコチラ:野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】


 

 

 

 

薬物療法について


薬物療法について
喘息治療の上で忘れてはいけないのは薬物療法です。
薬物については「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン」(日本小児アレルギー学会)で次の分類に合わせて、ある程度大まかな方針が決められています。

 
しかし、大きく分けると、発作を予防する抗アレルギー内服、吸入薬、発作を治療する気管支拡張剤、発作を予防し治療する吸入ステロイドがあります。

 
最近は吸入ステロイドが効果が高く副作用が少ないとして積極的に使われる傾向がありますが、まだ歴史が浅いことは忘れてはいけないと思います。

 

 

 

 

喘息なのか? 子供の気管がゼーゼー、ヒューヒュー鳴る


喘息なのか? 子供の気管がゼーゼー、ヒューヒュー鳴る
子供の気管支がゼーゼー、ヒューヒューとなった場合、「喘息なのかな?」とは思いつつも、信じたくない心理なども働き病院に行くべきか判断に迷う事があると思います。

 
そういった場合の見分けるポイントとしては放っておいても自然に治るものか、それとも医者に連れて行かなければひどくなってしまう物かの見分けが大切です。
ちなみに、すぐに病院に行かなければならない咳のひどい子供の病気は次の通りです。

  • クループ
  • 喘息
  • 肺炎

 

 

 

クループについて


クループは風邪による物が多いです。
のどの奥の喉頭というところが腫れて、酷い場合は夜間に急変して窒息してしまう事があり、注意が必要です。
お医者様に話を聞いたところ、胸に聴診器を当ても肺炎の音はしていないのに、首に聴診器を当てると狭窄音が聞こえるので肺炎や喘息と区別できると言います。

 
犬がほえるような席をして声がかすれるのが、この病気の特徴です。
この場合、たとえ昼間は落ち着いていても、医者に連れて行く事が重要です。

 

 

 

 

喘息について


昼間は元気で咳もあまりしないのに夜に咳き込んでゼーゼー言って起きる場合は、喘息を考える必要があります。
病院に連れて行くポイントは、昼までも咳き込んだりゼーゼーいって食欲が落ちたり元気がない場合と、たとえ昼間は元気でも夜眠れないほどひどい場合です。

 

 

 

 

肺炎について


肺炎は普通は熱があり、昼も夜も咳き込んでしんどくなるのでわかり易いですが、熱もないのに夜になると咳き込む(ゼーゼーとはいわない)マイコプラズマ肺炎という病気もあります。

 
これまでに紹介した病気は、いずれにしろ夜 咳き込んで眠れないような場合は病院に連れて行く事が重要です。

 

 

 

 

赤ちゃんのゼーゼーで気を付けるべき事

赤ちゃんのゼーゼーで気を付けるべき事

小さな赤ちゃんがゼーゼーと音を立てて息をしている場合は、特に注意が必要です。
乳児では風邪の一種であるRSウィルスにかかると喘息のようにゼーゼーという事があり、軽いと思っていたら急に顔色が悪くなることがあります。

 
喘息ではなく、細気管支炎を起こし呼吸困難になっているのです。

 
治った後の六か月ほどは、風邪を引くとゼーゼーいいやすい事がわかっています。
このような症状には「ロイコトリエン拮抗薬」が有効である事もわかっている事もあり、よくこの薬が処方されます。

 
特に抵抗力が弱い生後四ヶ月未満の赤ちゃんは、人ごみは避けるようにしましょう。
以前は恐ろしかった百日咳は、最近は三種混合ワクチンの普及で赤ちゃんでは影を潜めています。
この事から、必要なワクチンの接種は必須になった時代と言えます。

 

 

 

 

子供が喘息になった 対処と治療方法を日常的に行おう まとめ

スポンサーリンク




 - アレルギー ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アレルギーマーチ
【アレルギー】アレルギーマーチとは 次々と起こるアレルギー症状!

アレルギーを起こす原因物質は年齢によって変わってきます。 アレルギーを起こす条件 …

肌荒れが悪化! 身の回りの汚染物質に注意!
【アレルギー】肌荒れ・アレルギーが悪化! 身の回りの汚染に注意!

肌にいいことをしている 健康的な生活を送っている 肌に悪い事は徹底的に排除してい …

そば
【アレルギー】そばアレルギーの症状と検査、対処を知りたい!

そばを食べたらアレルギーが出た。 そば饅頭を食べたら体に蕁麻疹が出た。 そば粉を …

アレルギー・肌荒れと黄砂の関係
【アレルギー】肌荒れと黄砂の関係 外でも中でも黄砂に対処しよう!

昨今では黄砂の飛来や、PM2.5の飛来がありますね。 体に良いものが飛来するなら …

果物アレルギー
【アレルギー】果物アレルギーは花粉症の人に多い! 症状や原因について知りたい!

食物アレルギーの中で果物アレルギーも意外と多いと言われています。 キウイを食べた …

考える (3)
【アレルギー】アレルギーの情報 正しい情報を選ぶにはどうしたらいい?

いまや「国民病」とまで呼ばれているアレルギー疾患。 今では日本人の三割の方が何か …

食物アレルギーは食べ続けても良くならない?!
【アレルギー】食物アレルギーは食べ続けても良くなるのか?!

食物アレルギーの治療の情報の中には「食べ続けるとよくなる」という情報があります。 …

カニ・エビアレルギー
【アレルギー】エビ、カニのアレルギー 突然食べれなくなっちゃったよ!

カニを食べたらアレルギーが出た。 エビを食べたら体に蕁麻疹が出た。 エビやカニが …

子供 (2)
【アレルギー】子供の気管支喘息の原因 ダニアレルギーについて

アレルギーの代表として「気管支喘息」があります。 特に気管支喘息で悩んでいるお子 …

スギ花粉(2)
【花粉症】スギ花粉症の原因と治療 花粉症対策の為に徹底的に調べてみた!

春に向けて、スギの花粉が飛び始める季節になると花粉症が心配になってきますよね。 …