花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【アレルギー】アレルギーの情報 正しい情報を選ぶにはどうしたらいい?

      2015/11/07


いまや「国民病」とまで呼ばれているアレルギー疾患。
今では日本人の三割の方が何かしらのアレルギー症状で悩んでいると言われています。

また、アレルギーについての情報も氾濫していますよね。
色々な情報がある中でどのような情報が正しいか判断するには知識が必要になってきます。

この記事ではアレルギー治療に絶対必要な正しい情報の選び方について記載しています。
 

 
考える (3)
 

 

アレルギーの情報の取扱いについて学ぶ

指
アレルギー治療には、そもそもアレルギー治療についての情報を正しく選ぶことが重要です。
ここでは実際に情報を取扱いながら、考察を深めて正しい情報を選ぶ技を学んでいきます。

 

まず、「アレルギーの人でも食べられる卵」を例に情報を扱ってみます。
 

 

 

アレルギーの人でも食べられる卵について(事例)

卵
ある農業高校の生徒が開発した鶏卵が「卵アレルギーの人でも食べられる」と人気を集めていると報道された事がありました。
卵アレルギーの人でも食べられると謳われた卵は「○○夢たまご」等の商品で発売されています。

 
○○夢卵は、鶏に与えるエサを工夫して、アレルギー症状を緩和させる成分を多く含ませました。
○○夢卵は口コミで評判が広がり、百貨店でも発売されました。

 
○○夢卵は「卵アレルギーの人でも食べられる卵を」という事を目的に開発された卵です。

 
納豆やおからなど「健康に良い」と言われている物をエサに混ぜて、ニワトリに卵を産ませる実験をしたところ、シソや魚粉を混ぜたエサを食べたニワトリが生んだ卵からアレルギー抑制効果がある成分が多く含まれる事がわかりました。

 
この成分は不飽和脂肪酸「αリノレイン酸」と呼ばれ、アレルギー抑制効果がある事で有名です。
卵は好きだけれど、アレルギーで食べられない人からはお礼の手紙が届く程だったそうです。

 

 

 

「アレルギー患者が食べられる」という言葉だけを鵜呑みにしないようにしてみよう

あご
 
このような一方で、「アレルギー患者が食べられる」と言われる卵が販売されるようになり、一見「全ての人にアレルギー反応が起こらない」ようにも見えます。
人によっては「卵アレルギーが治る」と勘違いしてしまう人もいるかもしれません。

 
一般的に販売されている物の中に、人の体に対して「絶対」や「必ず」効果を保障する物はありません。

 
しかし、「絶対にアレルギーが起こらない」とは言えないはずの商品が「アレルギー患者が食べられる」と表記される事は非常に危険な事のように思います。
このような表記に対して危険性が高いと判断した消費庁は、消費者にむけて注意を喚起する文書を発表する程です。

 
とはいえ、「症状の改善」や「症状が前よりも良くなったようだ」と言われる商品があるのも事実です。
アレルギーはとても辛く、すぐにでも今の状況を救い出してほしいと思ってしまう厄介な症状を持つ物が多いです。

 
ですが「鵜呑みにしない」をキーワードに、アレルギー症状を治療を根気強く続けていきましょう。

 

 

 

正しいか判断できるよう知識を蓄えてみる

本
 
ではアレルギー患者が食べられる卵を例に「鵜呑みにせず」に知識を使って、考察してみましょう。

 
まず、卵アレルギーの原因についてです。
卵アレルギーの原因となるアレルゲンは卵の主成分である「たんぱく質」を食事などで体に取り込む事です。
このたんぱく質に対して、体がアレルギー反応を起こして様々なアレルギー疾患となります。

 
卵の主成分がこのたんぱく質である以上、「卵の摂取はやはり避けるべき」という結果になります。

 
確かに、αリノレイン酸はアレルギー抑制効果があるとされている為、この成分が多く含有されている事は有効だと言えます。
しかし、「αリノレイン酸が多い」という事と、「たんぱく質に対するアレルギーが起こらない」という事はイコールでは成り立たないのです。

例えば、卵のたんぱく質に対して通常の人の何百倍もアレルギー症状を出してしまう人であれば、αリノレイン酸のアレルギー抑制効果が小さすぎて、結果としてアナフィラキシーショック等の重篤なアレルギー疾患に繋がる可能性だってあります。

 
このように鵜呑みにせず、積極的にアレルギーに対する知識を蓄えてみるとアレルギー治療の上で、効果的で正しい判断と行動を起こせるようになるのではないでしょうか。

 

 

 

なぜアレルギーに対する情報が氾濫するのか

乱れる
 
先ほどは卵アレルギーを一例にとってみましたが、アレルギーに関する知識は様々な形で氾濫しています。

 
また、情報も正しいかどうか判断しかねるものも少なくなく、中でも食物アレルギーについては日常生活の変化、日本の食糧自給状況の変化、食品添加物の多様化などに、研究が十分追いついていない事がここからも見る事ができます。

 

このように情報の地盤が固まっていないところで商売が先行する事によって、誤解を招くような情報があふれかえってしまっていると言えます。

 

 

 

アレルギーが治らない! アレルギー情報発信者に悪意はあるのか?

クエスチョン
 
これは私もアレルギーについての情報を発信しているので例外ではありませんが、「基本的に悪意はない」事がほとんどです。
「悪意はないが知識がない」や「伝え方が誤解を招きやすい」といった事が多いのではないでしょうか。

 

 
例えば実際に次のような話があります。

 
小麦アレルギーの患者が「小麦の入っていない米パンを食べて蕁麻疹がでた」という実際の話です。
このパンの表記には「米」と「グルテン」と表示されていたそうです。

 
小麦アレルギーの方は小麦が使われている商品にはとても敏感でパン屋さんに小麦が含まれていないか聞いたところ
「米で作られたパンなので小麦アレルギーの子どもでも食べられますよ」と言われたそうです。

 
小麦アレルギー用の食パンには「グルテン」と呼ばれる物を使う事が多いです。
しかし、グルテンは「小麦アレルギーの原因たんぱく質」です。

 
後で小麦アレルギーの方がパン屋に対し「アレルギーが出た、医者にグルテンは小麦アレルギーの原因タンパク質だと言われた」事を告げたところ、パン屋は「グルテンが小麦アレルギーの原因タンパク質と知らなかった、だますつもりはなかったんです」と言われたそうです。

 
これは『パン屋がグルテンを小麦アレルギーの原因タンパク質と知らなかった』事と、小麦アレルギーの方が『小麦と表記がないから大丈夫だろうと先入観を持っていて、知識が不足していた』事が原因となったアレルギー事故であると言えます。

 
このように「悪意はないが知識がない」ことや「伝え方が誤解を招きやすい」事で、アレルギー症状のきっかけとなってしまいます。

 

 

 

アレルギー治療に必要な正しい情報の選び方の結論

ポイント
 
アレルギー治療に必要な正しい情報の選びかたとしては「まず基本的なアレルギー知識を蓄える事」と「先入観からの見落としをしない事」です。

 
先ほど紹介した「卵アレルギー」の例では、卵アレルギーに対する基礎的な知識を持っていれば、自ずと自分がどのような行動をとればよいか判断できます。

 
小麦アレルギーの例では、相手に知識がなかったとしても自分が知識を持っていれば、アレルギー症状を出すパンを口にする事はなかったでしょう。
また、例え知識を蓄えていたとしても安全だろうと先入観から見落としをしてしまう事もあります。

 
現在発売されている商品の多くがお客さんに商品を買ってもらいたい、愛してもらいたいとの思いから、時間の経過とともに様々な改良を加えている事が多く、「今まで使っていたからこれからも大丈夫な商品」とは言えない時代となっています。

 
アレルギー治療に必要なのは治療に必要な「物」と、それを正しく扱う消費者の「知識」と「判断」だと私は思います。

 

 

 

 

まとめ

まとめ (2)
 
この記事のまとめです。

  • アレルギー治療には、そもそもアレルギー治療についての情報を正しく選ぶことが重要です。
  • アレルギー治療にはキャッチコピーを鵜呑みにしない事も重要です
  • 鵜呑みにせず、積極的にアレルギーに対する知識を蓄えてみるとアレルギー治療の上で、効果的で正しい判断と行動を起こせるようになるのではないでしょうか。
  • アレルギーに関する知識は様々な形で氾濫しています。
  • 情報も正しいかどうか判断しかねるものも少なくなく、中でも食物アレルギーについては日常生活の変化、日本の食糧自給状況の変化、食品添加物の多様化などに、研究が十分追いついていない事がここからも見る事ができます。
  • 情報の地盤が固まっていないところで商売が先行する事によって、誤解を招くような情報があふれかえってしまっていると言えます。
  • アレルギー情報の発信者は「悪意はないが知識がない」や「伝え方が誤解を招きやすい」表現が多いです。
  • アレルギー治療に必要なのは治療に必要な「物」と、それを正しく扱う消費者の「知識」と「判断」だと私は思います。

 

 
実際にこれらをする事はとても大変な事です。

 
なので「ちょっと気が付いたら」や「気が向いたら」程度でも良いので少しずつ情報を扱う練習をしてみるとアレルギー治療に必要な行動や判断に大きな違いが生まれてきます。

 
少しずつでも初めてアレルギーに悩まない未来を掴む力をつけていきませんか?
 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - アレルギー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スギ花粉(2)
【花粉症】スギ花粉症の原因と治療 花粉症対策の為に徹底的に調べてみた!

春に向けて、スギの花粉が飛び始める季節になると花粉症が心配になってきますよね。 …

肌荒れが悪化! 身の回りの汚染物質に注意!
【アレルギー】肌荒れ・アレルギーが悪化! 身の回りの汚染に注意!

肌にいいことをしている 健康的な生活を送っている 肌に悪い事は徹底的に排除してい …

アレグラとは
アレグラとは

アレルギーで病院に行くと「アレグラ」と呼ばれる薬を処方してもらう事があります。 …

シックハウス症候群はアレルギーなのか?
【アレルギー】シックハウス症候群はアレルギーなのか? アレルギーが悪化する?!

私たちの体は日常生活のなかでアレルギーの症状を発症しています。 日常的に花粉やダ …

果物アレルギー
【アレルギー】果物アレルギーは花粉症の人に多い! 症状や原因について知りたい!

食物アレルギーの中で果物アレルギーも意外と多いと言われています。 キウイを食べた …

アレルギーが悪化しやすい地域的な環境
【アレルギー】アレルギーが悪化する?! 住み慣れた環境が汚染されている

引っ越したらアレルギーが悪化した 新しい施設がたったらアレルギーの症状が出てしま …

花
【アレルギー】アレルギーとは 症状・病気や免疫の異常について知りたい!

いまや「国民病」とまで呼ばれているアレルギー疾患。 今では日本人の三割の方が何か …

アレルギー・肌荒れと黄砂の関係
【アレルギー】肌荒れと黄砂の関係 外でも中でも黄砂に対処しよう!

昨今では黄砂の飛来や、PM2.5の飛来がありますね。 体に良いものが飛来するなら …

アレルギーが増える原因 「汚染」が多い世の中とアレルギーについて
【アレルギー】アレルギーが増える原因 「汚染」が増やしたアレルギー

現代ではアレルギーの患者は増え続けています。   花粉症、気管支喘息、 …

子供 (2)
【アレルギー】子供の気管支喘息の原因 ダニアレルギーについて

アレルギーの代表として「気管支喘息」があります。 特に気管支喘息で悩んでいるお子 …