花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【肌荒れ】ドライスキンを治療する 湿潤療法 を試して効果があった!

      2015/11/07


このブログでは「湿潤療法」や「ラップ療法」といった検索ワードで訪問していただく方が結構多いです。
湿潤療法について書いた記事としては「アトピーの傷口の治し方 湿潤治療について」があります。

 
湿潤療法としては「傷口を治す」という目的があるのは最近では良く知られてきている事です。
湿潤療法を利用する目的では「傷口を早く綺麗に治す」といった事はもちろんの事、ドライスキンがひどい場合にも私は湿潤療法を使っています。

 
この記事ではドライスキンを湿潤療法で利用する事について書いています。

 

 
潤いの花
 

 

ドライスキンとは

乾燥
 
ドライスキンとはについては「ドライスキン・乾燥肌と対策」でドライスキンについて記載させていただいてますので参考になれば幸いです。

 
湿潤療法を使う上ではもちろん「治療しないとちょっとつらいな」と感じるような症状の場合に使用します。
特に私の場合は次のような症状のドライスキンの場合に湿潤療法を使います。

  • 傷口はないけど皮膚がゴワゴワしてなかなか治らない
  • 皮膚が乾燥して細かい傷がある
  • 皮膚がささくれていて、ささくれに服の線維が引っかかる
  • 乾燥しすぎてひりひりする

 
こんなドライスキンの状態の場合に湿潤療法を使っています。
逆に「空気の乾燥によって肌が脂ぎっている」くらいのドライスキンでは使いません。

 
その様な場合は化粧水と保湿剤で肌のケアをして様子を見るようにしています。

 

 

 

 

ドライスキンに何故湿潤療法か 体は中心から治っていく

中心
 
ドライスキンに湿潤療法と聞くと違和感がありますよね。
湿潤療法と言えばリンパ液や滲出液と呼ばれる液が傷口から漏れ出し、それによって傷口を治癒する効果があります。

 
私がドライスキンに湿潤療法(正しくは”モドキ?”)を使う理由としては「体は中心から外側に向かって治癒していく」特徴がある事に注目したからです。

 
ちょっとした傷口であればすぐ治ってしまう事はありますが、深い傷口などを注意深く見てみると「血管に近いほうから徐々に外側に向かって治癒していく」という特徴があります。
かさぶたが出来るので外側から一見治っているように見えますが、実際細胞が繋がっていないので「治癒」とは意味合いが違うと思います。

 
体は内側から治療していくという特徴を持っているため、「湿潤療法で体の一番外側にうるおいを持った被膜を作ってやる」事でドライスキンの症状で改善しない肌を体内に近い状態にする事で回復速度を高める効果を期待して行います。

 

 

 

 

ドライスキンに対する湿潤療法の方法

あご
 
ドライスキンに対する湿潤療法の方法については「アトピーの傷口の治し方 湿潤治療について」で紹介した方法と同じ手順で行います。

 
湿潤療法の対象が「傷口」なのか「ドライスキンの箇所」という違いと、「傷口の場合はリンパ液を利用する」のに対し、「ドライスキンの場合は皮膚から蒸散する水分を利用する」という違いがあります。

 
ドライスキンによってできる細かい傷口についてもラップの下の湿潤環境に置かれる事で治癒が促進されますし、皮膚から蒸発する水分が更に皮膚にうるおいを与える効果があるため、皮膚の代謝が促されるのかドライスキンによってひどくなった症状も早く改善される効果を実感しました。

 

 

 

 

ドライスキンに湿潤療法を行う時の注意点

ポイント
 
ドライスキン対策として湿潤療法を使う上で注意点があり、次のような事が注意すべき点です。

  • どこまで続けるのか自分の判断が必要
  • 暑い季節だとアセモにならないようにする必要がある
  • 手指等の動きやすい部分のドライスキンには使いづらい

 
あくまでドライスキンによってひどくなってしまった皮膚の状態を回復させることが目的なので「ドライスキンそのものの根本治療」ではありません。
自分がどこまで治癒すれば生活上問題ないのかという判断をする必要があります。

 
湿潤療法は閉鎖的な空間を皮膚表面に作るので夏などの暑い時期ではアセモに注意が必要です。

 
湿潤療法では被覆材で皮膚の表面を覆う為、関節等のずれやすい部位やよく使う手などには使いづらい特徴を持っています。
ただし、寝るときに覆ってから寝る等は効果的な場合があるので時と場合をよく考える必要があります。

 

 

 

 

まとめ

まとめ (2)
 
この記事のまとめです。

  • ドライスキンに湿潤療法を使うのに適している場合は次のような状態の場合です
    1. 傷口はないけど皮膚がゴワゴワしてなかなか治らない
    2. 皮膚が乾燥して細かい傷がある
    3. 皮膚がささくれていて、ささくれに服の線維が引っかかる
    4. 乾燥しすぎてひりひりする
  • ドライスキンに湿潤療法を使う理由としては「体は中心から外側に向かって治癒していく」特徴がある事からです
  • ドライスキンに対する湿潤療法の方法については「アトピーの傷口の治し方 湿潤治療について」で紹介した方法と同じ手順で行います
  • ドライスキン対策として湿潤療法を使う上で注意点があり、次のような事が注意すべき点です。
    1. どこまで続けるのか自分の判断が必要
    2. 暑い季節だとアセモにならないようにする必要がある
    3. 手指等の動きやすい部分のドライスキンには使いづらい

 
ドライスキンも色々な肌トラブルの原因となるのでひどくなる前に対処したいところです。
しかし、なかなか体質的に難しいという事もあるかもしれないので、もしひどくなってしまった場合は自分で出来る対処法として湿潤療法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 湿潤治療, 肌荒れ ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ステロイド副作用
【アトピー性皮膚炎】ステロイド(外用剤)の副作用ってこういう事か!わかったぞ!

様々な治療で利用されるステロイドで、一昔前は最高の薬だとか悪魔の薬だとか言われて …

【肌荒れ】自律神経の乱れが肌荒れに! 原因と対策について知ろう!
【肌荒れ】自律神経の乱れが肌荒れに! 原因と対策について知ろう!

睡眠がなかなかとれない 食生活が乱れている 毎日イライラしてストレスがたまってい …

ビタミンC
【肌荒れ】肌に良いビタミン ビタミンCで肌荒れを治療する

ビタミンCは肌荒れに有効な栄養として有名です。また肌あれ治療の基本ともいえる栄養 …

つながり
【肌荒れ】肌荒れの治療では皮膚と粘膜をケアしよう 皮膚はどこまでが皮膚なの?

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

消毒 (2)
【湿潤治療】傷口の消毒はダメ! 正しい傷口の治し方を知りたい!

湿潤治療は「消毒しない」「乾かさない」「水道水でよく洗う」事を基本的な考え方とし …

【湿潤治療】湿潤治療は正しい傷口の治し方 湿潤治療を徹底的に知りたい!

傷口の治療には様々な治療方法がありますよね。 傷口の治し方の一つに湿潤療法があり …

みずみずしい
【アトピー性皮膚炎】アトピーの傷口の治し方 湿潤治療について

アトピーの傷口は湿疹が慢性化し、掻き壊しも多いことからなかなか治りません。 傷口 …

アクネ菌
【ニキビ】アクネ菌とは 正しいニキビ治療の基本知識です

ニキビの原因として「アクネ菌」というのは、今や有名な話です。 アクネ菌は誰にでも …

肌
【アトピー性皮膚炎】きれいな肌は弱酸性! 肌の常在菌を大切にしよう!

最近ではボディーソープで当たり前のように言われるようになった弱酸性。 健康な肌は …

【肌荒れ】部屋の空気を綺麗にする!肌荒れ治療は空気がポイント!
【肌荒れ】部屋の空気を綺麗にする!肌荒れ治療は空気がポイント!

花粉やアレルギーによって肌荒れが起きている人はまずは空気にこだわる事から治療する …