花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【肌荒れ】乾燥肌の対策について知りたい ドライスキンを治療する!

      2015/11/07


乾燥肌は一般的にドライスキンと呼ばれています。
冬は空気が乾燥しているため、それによって肌が乾燥してしまう事も多いですよね。

 
しかし、ドライスキンの方は慢性的に肌の水分量が不足しているため、春や夏のように湿気がある環境でも肌荒れがなかなか治りにくい状況が続きます。

 
この記事ではドライスキンとはどういう状態なのか、対策をどのようにすれば良いのかについて書いています。

 

 
ドライ
 

 

ドライスキンとは

ひらめき
 

ドライスキンは、皮膚の角質層に水分が不足により起こる皮膚の症状です。
角質層の水分が不足すると、皮膚は柔らかさや弾力性を失って乾燥し、皮膚のバリア機能が低下します。

 

皮膚のバリア機能が低下すると、皮膚がひび割れたり皮がむけたりします。
また、かゆみが起こることもあります。

 

乾燥すると皮膚の中にある痒みの神経を刺激しやすい状態になったり、刺激が続く事で痒み神経を成長させてより強い痒み症状を出してしまう事もあるのです。

 

健康な状態の角質層は天然保湿成分(NMF)を含んでおり、これらの成分は、皮膚の奥から浸みだしてくる水分 を保持するはたらきをします。

 

 

 

 

ドライスキンの原因

根っこ (2)
 

ドライスキンの原因としてはいくつか原因が考えられますが、特に次の事が原因として考えられます。

  • 寝不足による皮膚の栄養や酸素不足
  • 偏った食事で皮膚のうるおいに必要な栄養が足りない
  • フィラグリン遺伝子が変異していて皮膚が保湿成分を十分に作れない
  • ぺリオスチンの刺激によってタンパク質の編成がおきた肌である
  • 自律神経の乱れによりホルモンバランスが崩れる

 

 

 

 

ドライスキンの対策

迎撃
ドライスキンは「一時的」な症状で済む場合と「慢性的」な症状として出る場合があります。

 

一時的な症状で済む場合は寝不足が解消されたり、食事を改善すると比較的すぐに改善される事が多いです。

 

逆に幼少期からの乾燥などが原因となりフィラグリン遺伝子が変異していて皮膚の保湿成分が十分に作れない場合や、アレルギーによるぺリオスチンの刺激や沈着が原因となって起こされるドライスキンもあります。

 

このような場合は空気が乾燥していた場合は、保湿をするなどして不足している皮膚の機能を補ってやる必要があります。

 

 

 

ドライスキンに睡眠は特に重要!

寝る
 

ドライスキンの対処では良い睡眠が十分にとれている事が基本となってきます。
良質な睡眠をとる事によって次のような効果が期待できます。

  • 自律神経の働きを整える
  • ストレス解消
  • 新しく健康な皮膚を作る
  • 乾燥で傷ついた皮膚を修復する
  • 体の老廃物を捨てやすい環境を作る
  • ホルモンバランスの調整
  • 体の代謝を上げる

 

乾燥肌には栄養が取られている事や、外部からの保湿も重要ですが特に睡眠は重要です。
ドライスキンでは乾燥によって様々な刺激を外部から受ける事になり、その上、乾燥した肌はもろく傷つきやすいです。
傷ついた肌は更に水分が抜けやすい状態となるのでまず、乾燥を防ぐには傷口の修復が重要です。

 

また、睡眠は体のリズムを整える効果があるため、自律神経の働きを正常にし、ホルモンの分泌バランスを整える効果があります。
リズム正しい睡眠リズムは体に「概日リズム」というリズムを作り上げて、睡眠のタイミングや修復を毎日リズミカルに修復する事を助けます。

 

不規則な生活を余儀なくされている方も多いと思いますが、出来るだけリズムに沿った良質な睡眠を心がけましょう。

 

 

 

皮膚だけでは足りない働きは外から補ってやる

水分
 

ドライスキンの原因の中にはフィラグリン遺伝子の変異などによる原因も指摘されています。
そもそも遺伝子は体を作る上での設計書のようなものですから、この遺伝子が変異する事によって「ドライスキン体質」となってしまう可能性もあります。
 

ドライスキン体質の場合、空気の乾燥に対して肌も少ない水分で対処しますので、必然的に肌のバリア機能が低下しやすい状態となります。
ドライスキンが肌のバリア機能の低下の原因になり、更に肌の乾燥を加速させる事にも繋がりかねません。

 

ドライスキンの方は体がなるべく肌の水分を逃がさないように機能している事が多いため、「脂ぎった肌」になりやすい傾向です。
脂ぎると今度はニキビなどの原因にもなりやすくなり更なる肌トラブルに繋がってしまう為、次のような対処をしてやる必要があります。

 

  • 肌を清潔に保つ
  • 化粧水などで肌に潤いを補ってやる
  • 化粧水などで潤いを与えた肌にはスキンオイルなどで水分の減少を防ぐ

 

肌のバリア機能が低下している状態では肌を出来るだけ清潔に保つのは大前提です。
ドライスキンの場合はそもそも肌の水分量が低下している状態となるため、肌に合った化粧水で水分を補給してやる必要があります。

 

水分を補給しても肌そのものに水分を保持する機能が低下している可能性があるため、スキンオイル等を塗って肌の水分と化粧水の急速な蒸発を抑えてやる必要があります。

 

 

 

 

まとめ

 

この記事のまとめです。
まとめ (2)
 

  • ドライスキンは、皮膚の角質層に水分が不足により起こる皮膚の症状です。
  • ドライスキンの原因としては次の原因が代表的です
    1. 寝不足による皮膚の栄養や酸素不足
    2. 偏った食事で皮膚のうるおいに必要な栄養が足りない
    3. フィラグリン遺伝子が変異していて皮膚が保湿成分を十分に作れない
    4. ぺリオスチンの刺激によってタンパク質の編成がおきた肌である
    5. 自律神経の乱れによりホルモンバランスが崩れる
  • ドライスキンの対処では特に睡眠が重要で基礎的な対処となります
  • 皮膚で足りなくなっている働きは次のような対処を行い補ってやります
    1. 肌を清潔に保つ
    2. 化粧水などで肌に潤いを補ってやる
    3. 化粧水などで潤いを与えた肌にはスキンオイルなどで水分の減少を防ぐ

 

ドライスキンは一時的な事で済むことが少なく、慢性的な症状となる事が多いので悩ましい症状の一つですよね。
まずはドライスキンの対策として「睡眠」と「外部から水分を補って、蒸発を抑える」事から始めてみてはどうでしょうか。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 肌荒れ , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スキンケア
【肌荒れ】肌荒れを放置したら? ちょっと怖い体のはなし

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

背中ニキビ
【ニキビ】背中ニキビの原因と対策 背中ニキビをシャンプーの方法で撃退する!

ニキビの中でも「背中ニキビ」は悩ましいニキビの一つです。 背中ニキビの原因として …

雷
【肌荒れ】肌の細胞が活性化するといわれていたマイナスイオンはどうなった?!

以前、一世を風靡したものがあります。 それが「マイナスイオン」です。 &nbsp …

金属
【アレルギー】金属アレルギーの検査 パッチテストについて知りたい!

金属アレルギーはオシャレ好きにはつらいアレルギーの一つですよね。 金属が触れた場 …

抗体
【アレルギー】抗体とアレルギーの関係はこういう事だ! IgE抗体についても知れた!

アレルギーについて知る上で「抗体」は知っておくべき事の一つです。 人間は長い歴史 …

ポルフィリン
【ニキビ】ニキビはアクネ菌の出すポルフィリンが原因!!こうすれば対処できる!

ニキビの原因の一つであるポルフィリンについてみていきましょう。 ニキビの原因と言 …

体がかゆい! 合成洗剤にご注意!合成洗剤と石鹸の違い
【アレルギー】体がかゆい!合成洗剤にご注意!合成洗剤と石鹸の違い

アレルギー体質の人は「合成洗剤」に注意しましょう。 実はアレルギー体質以外の人で …

ガラスの天使
【肌荒れ】肌荒れが治らない原因 悪化は早いが再生が遅い!

なかなか治らない肌荒れ、非常に悩ましいですよね。 私は幼少期からアトピー性皮膚炎 …

天然保湿因子NMF
【肌荒れ】天然保湿因子は肌をきれいにするには必要!こうやって補う!

肌のうるおいを代表するものとして「天然保湿因子(NMF)」という物をご存知でしょ …

ゲンタシン軟膏
【ニキビ】ゲンタシン軟膏とは ニキビ治療薬で皮膚感染を防ぐ

ニキビ治療にお医者様に診てもらったら「ゲンタシン軟膏」という薬を出されたという方 …