花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【ニキビ】ゲンタシン軟膏とは ニキビ治療薬で皮膚感染を防ぐ

      2015/11/07


ニキビ治療にお医者様に診てもらったら「ゲンタシン軟膏」という薬を出されたという方がいらっしゃいます。
このゲンタシン軟膏はニキビの何に効果があるのでしょうか。
また、副作用や長期使用した場合の注意点などについても知っておく必要があるのではないかと思います。
体質的にも使用するに当たっては確認しておく事がありますのでそこについてもチェックしておきましょう。

 

 
ゲンタシン軟膏

 

 

ニキビ治療につかわれるゲンタシン軟膏とは

ニキビ治療につかわれるゲンタシン軟膏とは
ゲンタシン軟膏は主に「炎症を抑える」「殺菌」の効果があるお薬です。

 

ゲンタシン軟膏は、にきびや汗疹、手足口病、とびひや湿疹、ヘルペスなどに効くお薬だとされています。
ゲンタシン軟膏はアミノグリコシド系抗生物質と呼ばれる抗生物質系の塗り薬です。

 

通常は皮膚感染症の治療に使われていて、ニキビ治療にも使われています。

 

 

 

 

ゲンタシン軟膏は赤ニキビ、膿ニキビに効果的

ゲンタシン軟膏は赤ニキビ、膿ニキビに効果的
ゲンタシン軟膏を含むアミノグリコシド系抗生物質は細菌がタンパク質を合成するのを防ぐ働きがあるため、菌が繁殖するのを抑える働きがあります。

 
ニキビの原因は主にアクネ菌が有名ですが、症状を悪化する菌としては「黄色ブドウ球菌」も原因となります。

 
黄色ブドウ球菌は通常、人の皮膚に悪さをする菌ではありませんがニキビによって炎症が起こっていたり、ニキビをつぶした際の傷口から侵入し、細菌感染を起こす事があります。

 
黄色ブドウ球菌はアクネ菌よりも病原性が強いため、細菌感染を起こすとアクネ菌が感染した時よりも更にひどい炎症を引き起こし、ニキビが化膿してしまいます。

 
このような症状になると「赤ニキビ」や「膿をもったニキビ」が皮膚表面にできます。
ゲンタシン軟膏はこのように「赤ニキビ」「膿を持ったニキビ」に対して使うと効果的です。

 
細菌感染を起こしていないニキビに使ってもゲンタシン軟膏の持つ効果が期待できない為、持ちいらないのが普通です。

 

 

 

 

ゲンタシン軟膏の副作用

ゲンタシン軟膏の副作用
ゲンタシン軟膏は外用薬ですので、内服薬と比較すると副作用の心配は小さいものとなります。
しかし、皮膚表面に対しての副作用が起こる事がありますので主な症状を確認しておきましょう。

 

主な副作用

  • 発疹
  • 発赤
  • 痒み
  • 腫れ
  • 水泡

 
また、長期使用や広範囲に使用した場合は軟膏による副作用の働きを大きくしてしまいます。
長期使用した場合や、広範囲に使用した場合には次のような副作用がありますので使用方法は注意が必要です。

長期使用・広範囲使用した場合の主な副作用

 

  • 耳鳴り
  • 難聴
  • めまい
  • 腎障害

 

 

 

ゲンタシン軟膏を使用する前に注意する事

ゲンタシン軟膏を使用する前に注意する事
体質によってはゲンタシン軟膏を使用する事によってニキビを更に悪化させてしまう人もいます。
また、長期使用した場合は効果が薄れる場合もあります。

 
次のような方の場合は事前に医師や薬剤師に相談しておきましょう。

 

  • 前にゲンタシン軟膏を使って痒みや発疹等の皮膚疾患が出た方
  • 腎障害・肝障害がある方
  • 妊娠中・妊娠している可能性がある方
  • 他に使用中の薬がある方

 

 

 

 

ゲンタシン軟膏とは ニキビ治療薬で皮膚感染を防ぐ まとめ

ゲンタシン軟膏とは ニキビ治療薬で皮膚感染を防ぐ まとめ
この記事のまとめです。

  • ゲンタシン軟膏は「炎症を抑える」「殺菌」をする薬でニキビの治療にも使われます
  • ゲンタシン軟膏は「赤ニキビ」や「膿ニキビ」等、細菌感染が疑われるニキビに効果が高いです
  • 軽度のニキビや白ニキビでは細菌感染の可能性が低いため、効果が期待できない事があります
  • 主な副作用は発疹や発赤などの皮膚疾患です
  • 長期・広範囲で使用した場合は内臓系の副作用が出る事があるので漫然とした使用は避ける必要があります
  • ゲンタシン軟膏を使用する前に医師や薬剤師に相談しましょう

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 肌荒れ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ビタミンC
【肌荒れ】肌に良いビタミン ビタミンCで肌荒れを治療する

ビタミンCは肌荒れに有効な栄養として有名です。また肌あれ治療の基本ともいえる栄養 …

天然保湿因子NMF
【肌荒れ】天然保湿因子は肌をきれいにするには必要!こうやって補う!

肌のうるおいを代表するものとして「天然保湿因子(NMF)」という物をご存知でしょ …

鼻呼吸・口呼吸
【肌荒れ】肌荒れの治療と呼吸 口呼吸をやめて鼻呼吸にする

肌荒れの治療の上では「口呼吸」をやめる事もポイントになってきます。 肌荒れは口呼 …

赤ちゃんの肌着 赤ちゃんのたまご肌を服で守る!
【肌荒れ】赤ちゃんの肌着 赤ちゃんのたまご肌を服で守る!

赤ちゃんの肌はすべすべつるつるしていて、つい触りたくなりますよね。 こちらを見て …

乾燥
【肌荒れ】肌の乾燥を対策する 冬に気を付けるポイントを知りたい!

冬は乾燥肌の季節です。 冬の湿度はとても乾燥している事は既にご存知だと思いますが …

タバコ
【肌荒れ】タバコを吸うと肌荒れになるってホント?肌への影響を知りたい!

タバコが体にわるい事は既にいろいろな場所で言われている事です。 体に悪いことは肌 …

皮膚構造
【肌荒れ】肌の手入れで絶対に知っておく5つのポイント 正しいスキンケアか?!

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

フィラグリン遺伝子変異
【肌荒れ】肌に潤いがなくなる?!フィラグリン遺伝子変異について

「肌荒れ」について考える上で「肌」に必要な物質について知る事は重要な事です。 「 …

髭の男
【肌荒れ】髭剃りすると肌荒れが! ここに気を付ければよかったのか!

髭剃りは大人の男性のたしなみです。 基本的に髭剃りは最低でも一日に一回は行ってい …

潤いの花
【肌荒れ】ドライスキンを治療する 湿潤療法 を試して効果があった!

このブログでは「湿潤療法」や「ラップ療法」といった検索ワードで訪問していただく方 …