花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【アトピー性皮膚炎】ぶつぶつジュクジュク湿疹を治療する! 洗い方とケアの方法はこれか!

      2015/11/07


アトピーの中症状の湿疹には痒みがあります。
アトピーの痒みで皮膚を掻き壊して、傷口ができてしまいますよね。

 
傷口が開いていると痛みや更なる痒みの原因となってしまい、辛く苦しい思いをする事になってしまいます。

 
湿疹が原因で出来た傷も洗って・消毒して・保護する必要があります。

 

悩み

 

 

 

洗浄

シャワー
洗浄に使うのは塩素を除去した水を使用します。
洗浄の方法としては流水によって皮膚表面についた汚れを落とすようにします。
 
この段階の傷口は「カサブタや皮膚表面の体液に繊維クズが残りやすい」状態です。

 
繊維クズが傷口の周りに付着していると傷口の治癒の邪魔をしたり、炎症を起こしたり、アレルゲンになって痒みを引き起こしてしまう事もあります。
付着している場合は目で確認し指の腹やピンセットで取り除きましょう。

 
皮膚の表面に明らかに水では落ちない汚れがあった場合は弱酸性の石鹸などで優しく洗い上げてください。
肌が刺激に弱い状態で、刺激の強い石鹸を使うと更に刺激を与えることになるので使用する石鹸にも気を配りましょう。
赤ちゃんにも使えるような低刺激石鹸は大人の肌にもとても良い効果がありますのでお勧めです。

 

 

消毒

消毒
洗浄が終わって肌をキレイに洗ったら次に消毒を行いましょう。

 

傷口に消毒は傷の治りを悪くする事や、消毒液自体が刺激になる事もよく言われています。
必要以上の消毒は私自身傷口の治りを悪くさせるように思います。

 
ですが、必要最低限で使用する事でむしろ湿疹の傷口の回復が促進したような実感があります。
消毒でのポイントは「用途に合っている消毒液を正しく使う」という事を頭に入れ、必要以上の消毒をしない事です。

 
掻き壊しによって傷口が細菌に感染している場合は消毒するだけで湿疹が回復に向かう事もあります。

 

使用する消毒液

黄色ブドウ球菌
 
アトピーの治療で私が使っていた消毒液ですが「ポビドンヨード」「ヨード」と呼ばれる成分が含まれた消毒液を使用します。

 
この成分を含む消毒液に期待するのは「黄色ブドウ球菌を殺菌すること」です。

 

黄色ブドウ球菌はもともと食中毒などの症状に代表される菌で、
人間の肌表面にはほとんど存在しない菌です。

 

しかし、アトピーでジュクジュクした部分からは、このウィルスがほぼ100%検出されるとのことです。
“細菌感染すればジュクジュクするのは当たり前”です。

 

この菌に対しての殺菌効果が高いのが「ポビドンヨード」と呼ばれる成分です。
ちなみに黄色ブドウ球菌は普通の消毒液では殺菌効果が認められないとの情報もあります。

 

 

ポビドンヨードの成分が含まれる消毒液の代表としては”イソジン”が上げられます。

 

 

イソジンと言えば、うがい薬をイメージする方が多いと思いますが、傷口の消毒液を使用するので誤って うがい薬を傷口に塗らないよう注意してください。

【第3類医薬品】【明治】イソジンきず薬 30mlきり傷 さし傷 すりむき傷 外用殺菌消毒薬お取り寄せのため、入荷に10日ほどかかる場合があります。【HLS_DU】【05P30Nov14】

価格:497円
(2014/11/30 22:42時点)
感想(0件)


 

 

消毒の方法

 

消毒液を傷口につけたら約1分ほど待ち、塩素を除去した水で洗い流します。
付けたままにすると再生しようとする皮膚の細胞を壊してしまう事も考えられますので1分程で流すのがベストです。

 
1分あれば消毒液が皮膚表面の菌を十分殺菌する事が可能ですので、殺菌が終わり次第洗い流します。

 

 

 

 

保護(湿潤療法)

盾
洗浄・消毒まで終わったら次に傷口を保護します。
保護する際は「湿潤療法」を利用します。

 
湿潤療法を利用する事で、傷口を保護しつつ体が傷口を治癒させようとする力を最大限利用する事が出来ます。
アトピーの掻き壊しで出来た傷口は広範囲にわたっている事が多いので非常に重宝する治療法でもあります。

 

湿潤療法については「キズパワーパッド」等で有名になった方法で世間的にも傷口の治癒を高める方法として認知されています。

 

湿潤療法の特徴としては「傷口を湿った環境におくことで傷口の再生を促す」事です。

 

アトピー治療に湿潤療法を用いるメリットとしては更に次のようなメリットがあります。

  • 湿潤環境を作る被覆材による強固なバリア
  • 不要な体液を外に出す
  • 死んだ皮膚のお掃除

 

 

湿潤環境を作る被覆材による強固なバリア

湿潤環境を作るには「空気」「水分」を通らないもので傷口を覆う必要があります。
それはいわゆる「アレルゲン」や「外部からの細菌」を通さないということです。

傷ついた肌は特にバリア機能が低下しておりますので被覆材という強固なバリアを利用します。

 

 

不要な体液を外に出す

傷口が湿潤環境におかれることによって体液は乾燥することがないので
細胞が再生されるまでは体液が出続けることになります。

 
「湿疹は白血球などの免疫機能によるもの」と言われる側面をもっています。
そして、その成分はその流れでる体液に多く含まれています。

 
流れ出ることができないと、それらの成分は皮膚の中の方で滞留することになり
果てには老廃物になり、血液が回収できない老廃物は皮膚から捨てられます。
特にそれは皮膚の表層に近ければ近いほど顕著です。

 
ならば体の自然な流れとして外に流れていってもらおうというのが狙いです。

 

 

死んだ皮膚のお掃除

「湿疹は白血球などの免疫機能によるもの」と言われる側面をもっています。
そして、その成分はその流れでる体液に多く含まれている
とお伝えしました。

 
その成分の中には死んだ皮膚を溶かす効果がある成分も含まれています。
湿疹によって出来た傷の周りに死んだ皮膚を見たことがある方は多いのではないでしょうか。

 
実際に
湿潤環境において体液を流し続け、それに浸かる事で
死んだ皮膚が溶け、正常な皮膚の部分には影響がない

 
といった事がおきます。
つい湿疹の周りに出来た固い死んだ皮を剥いてしまうという方は
特にこの効果を利用しない手はありません。

 

 

湿潤療法で治療する方法

ラップ
ここで具体的にどのようにするか、筆者の方法をお伝えします。

 
まず用意する物です。

  • 白色ワセリン
  • ガーゼ
  • ラップ(筆者は食品を保護するものを利用しています)
  • テーピングテープ ・ 間接サポーター等の固定できる物

 

手順は以下の流れで行います。

  1. 白色ワセリンを結果が発生している部位に塗る
  2. ガーゼとラップを結果が発生している場所を覆える大きさににカットする
  3. 結果が発生している場所にラップを乗せる
  4. ラップの上から更にガーゼをのせる
  5. テーピングテープや間接サポーター等の固定できるものでガーゼを固定

 

 

ここでのポイントはラップの上にガーゼを乗せることです。
ラップ内は体液で満たされるのでラップの脇から漏れ出してきます。
漏れ出してきたところをガーゼでキャッチしておけば不快感も少ないでしょう。

 

 

ラップ・ガーゼの交換は特に不快感や違和感が無い限りは一日に一回交換します。
覆っている間は傷の痛みが軽減される効果もありますので
傷が裂けて痛い方は試して見て下さい。

 

 

「わざわざラップとガーゼで覆うのが面倒だ」
そういった方はキズパワーパッドなどの湿潤療法のアイテムでも代用することが出来ます。
⇒ 湿潤療法のアイテムはこちら(Amazon)
⇒ 湿潤療法のアイテムはこちら(楽天)

 

 

 

 

まとめ

まとめ (2)
この記事のまとめです。

  • アトピーの中症状の湿疹は洗浄・消毒・保護が有効です
  • 洗浄時は塩素を除去した流水で洗うようにします
  • 消毒はポビドンヨードを含んだ消毒液を使用します
  • 保護には湿潤療法を利用します

 

 

 

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク




 - アトピー , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

炎症
【アトピー性皮膚炎】炎症を抑えて保護しよう ぶつぶつジュクジュク湿疹

アトピー性皮膚炎の状態にはぶつぶつジュクジュクして辛い症状があります。 この状態 …

洗浄・保護
【アトピー性皮膚炎】アトピー肌はこうやって洗う!水道水の塩素に注意!

アトピー性皮膚炎を治療する上で、基本となる行動があります。 アトピーの「湿疹」「 …

お酒
【アトピー性皮膚炎】アトピーでお酒の飲み過ぎは禁物!休肝日を作ろう!

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

ステロイド副作用
【アトピー性皮膚炎】ステロイド(外用剤)の副作用ってこういう事か!わかったぞ!

様々な治療で利用されるステロイドで、一昔前は最高の薬だとか悪魔の薬だとか言われて …

トイレ
【アトピー性皮膚炎】肌が汚いのは部屋が汚いからかも! ゴミ箱とトイレの習慣を見直そう!

部屋の空気の中には”酸素”や”二酸化炭素&# …

食べ物
【アトピー性皮膚炎】アトピーを食事で治療していく! 気を付けるポイントを知りたい!

アトピーを治療する上で「食事」治療の上でとても重要になってきます。 食事は私たち …

花畑
【アトピー性皮膚炎】アトピーの治療にアロマが効果的! 香りでリラックスしよう

アトピー性皮膚炎は痒くて痛くてイライラするし、いつ治るのか不安になるものです。 …

【アトピー性皮膚炎】完治の為にアトピーの状態を知る 湿疹から見える事
【アトピー性皮膚炎】完治の為にアトピーの状態を知る 湿疹から見える事

アトピーの治療を進める上で、湿疹の状態を知るという事は重要な事です。 また、アト …

水
第十回:アトピーの発生を治療する(水素水で活性酸素を還元しよう)

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

お湯
【アトピー性皮膚炎】お風呂上りに体が痒い! お湯の温度で痒み対策できる

アトピー性皮膚炎や乾燥肌の人にとって、人にとっては「お風呂がつらい」と感じる人も …