花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【アレルギー】子供の卵アレルギーは治るのか? 食べ物に困らない体を手に入れたい!

      2015/11/07


日本のアレルギーの中でも卵に対するアレルギーはとりわけ多いと言われています。
卵を食べたときにアレルギー症状が出る事は当然のことですが、卵を含む食品や鶏肉を食べただけでもアレルギーが出る事もあります。
食物アレルギーについては「食物アレルギーについて」で解説していますのでご一読いただいてから、この記事を読むと更に内容がわかり易くなります。

 
また、卵は様々な食品に使われている事もある事から避けるのは大変です。
卵アレルギーを持つお子様をお持ちのお父さん、お母さんは悩んでいるのではないでしょうか。

 
この記事では子供が卵アレルギーとなった場合、成長する中でアレルギーが治る事があるのか?や年齢によって気を付けるべき食品はあるかという事についてみていきたいと思います。

 

 
子供の卵アレルギー
 

 

子供の卵アレルギーは治る?基準は6歳!

卵
2歳の子供が卵アレルギーで悩んでいたが、成長するにつれ卵に対するアレルギーが出てこなくなり、卵を普通に食べれるようになったという話があります。

 
私自身も小さいころは卵アレルギーで卵を食べると全身にアトピー性皮膚炎が出たり、喘息が出たりしましたが、成人した今は卵を食べてもアレルギー症状と呼べるような症状は起こらず卵を含む食品や鶏肉も普通に食べる事が出来るようになっています。

 
卵アレルギーは3歳でだいたい治り、6歳以上になるとほとんどが治ると言われています。

 
三歳ですぐ卵焼きを食べても何もおこらないようになるとは限りませんが、卵を一定期間制限する事によって、小学校にあがるころまでには食べられるようになると言われています。

 

 

 

 

子供の卵以外の食物アレルギーはどうか?

牛乳
卵の他に、子供のアレルゲンとなりやすい食品として牛乳が代表的です。
牛乳については、一般的に卵よりやや遅く改善される傾向がある事や、個人差が特に大きい食品です。

 
微量の牛乳成分でアナフィラキシーショックを起こすような事もあり、食べられるようになる時期は遅くなる傾向があります。

 
特に、乳児期にアレルギーを起こしやすいのは、次の三つの食品です。

  • 牛乳
  • 小麦

 
成長していき、年長期に入ると、次の食品に対してアレルギーを起こしやすくなります。

  • エビ
  • カニ
  • キウイ

 
一般的に食物アレルギーは消化・吸収の働きが未熟な2~3歳までに起こしやすく、年齢が上がるとダニや花粉のアレルギーが出てきて、小学校入学以降になると、少数ですが花粉に関係のある果物のアレルギーが起こりやすくなります。

 

なんにせよ食物アレルギーが原因であるという事がわかれば、原因食物の除去がまず一番の治療となります。

 

 

 

 

食物アレルギーの改善の方法!!

方法
乳幼児で一番多い鶏卵アレルギーの場合の除去と解除の仕方を考えてみましょう。

 
食物アレルギーの除去と解除の方法の基本的な考え方は、軽症の場合は早く除去を解除し、重症の場合はゆっくり時間をかけて除去を解除していくというのか上手な方法です。

 
まず卵の入っている食品すべてと、鶏肉も食事から除去するようにします。
その後症状が良くなれば、二歳を目安に徐々に解除していきます。

 
解除するときは、アレルギーを起こす程度の低いものから順に緩めていきます。
このアレルギーを起こす程度の事を「抗原性」と言います。

 
一般的に生の物が抗原性が強く、量が多くても抗原性が強まる傾向があります。
加熱の程度が高ければ抗原性は弱まると考えてよいでしょう。

 
卵を含む食品には次のような食品があり、それぞれ卵を含む割合も示しておきます。

  • かまぼこなどの練り製品:0.1~5%程
  • タマゴボーロ:5~7%
  • カステラ:10~20%

 
まず鶏肉を与えて一か月程様子を見て異常がなければ、かまぼこなどの練り製品に挑戦し、更に2~3か月様子を見ます。
それでも症状がなければカステラなどのお菓子類、てんぷら、薄焼き卵(錦糸卵)といった様に徐々に解除していきます。

 
一見、マヨネーズやお好み焼き、たこ焼きなどもよさそうに見えますが、十分に火が通っていない事からアレルギーを起こしやすい程度が強い事を考えるとこの解除の段階では食べないようにすることが良いと思います。

 

 

 

 

アレルギー対処も継続が力になります

継続は力
 
いったん食べられる事がわかれば、そのレベルの食品を少なくとも週に2~3回は食べ続けることがコツです。
これによって、食べられるレベルを維持する事が出来ます。

 
蕁麻疹などが出なかったとしても、ほほ、耳きれ、肘の湿疹がどんどん酷くなるようであれば、食事を緩めるのはやめてしばらく様子を見るようにします。

 
しばらく除去したららまた鶏肉から始める等、根気よく取り組んでいきます。
アレルギー対処も継続する事が力になっていくという事です。

 

 

 

 

まとめ

まとめ (2)
この記事のまとめです。

  • 2歳の子供が卵アレルギーで悩んでいたが、成長するにつれ卵に対するアレルギーが出てこなくなり、卵を普通に食べれるようになったという話があります。
  • 卵アレルギーは3歳でだいたい治り、6歳以上になるとほとんどが治ると言われています。
  • 牛乳については、一般的に卵よりやや遅く改善される傾向がある事や、個人差が特に大きい食品です。
  • 特に、乳児期にアレルギーを起こしやすいのは、次の三つの食品です。
    1. 牛乳
    2. 小麦
  • 成長していき、年長期に入ると、次の食品に対してアレルギーを起こしやすくなります。
    1. エビ
    2. カニ
    3. キウイ
  • 食物アレルギーの除去と解除の方法の基本的な考え方は、軽症の場合は早く除去を解除し、重症の場合はゆっくり時間をかけて除去を解除していくというのか上手な方法です。
  • いったん食べられる事がわかれば、そのレベルの食品を少なくとも週に2~3回は食べ続けることがコツです。これによって、食べられるレベルを維持する事が出来ます。

 
アレルギー対処というのは気の遠くなるような話もありますが、継続する事で改善する効果も期待する事が出来ます。
食は人にとってとてもかけがえのないものですので、アレルギーによって楽しい食事が阻害されるというのは考え物です。

 
アレルギーを改善し、安楽で楽しい食生活が送れるのが良いですよね。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - アレルギー, 食べ物アレルギー , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

カニ・エビアレルギー
【アレルギー】エビ、カニのアレルギー 突然食べれなくなっちゃったよ!

カニを食べたらアレルギーが出た。 エビを食べたら体に蕁麻疹が出た。 エビやカニが …

【ダニアレルギー】ダニアレルギー対策のポイント
【ダニアレルギー】ダニアレルギー対策のポイント

喘息やアトピー性皮膚炎などなど、ダニ(ハウスダスト)が原因で毎日苦しい思いをして …

【アレルギー】アレルギー食品は表示する義務がある! アレルギー表示の見方

食品に対してアレルギーを起してしまう人はアレルギー表示について知っておく事はとて …

肌荒れが悪化! 身の回りの汚染物質に注意!
【アレルギー】肌荒れ・アレルギーが悪化! 身の回りの汚染に注意!

肌にいいことをしている 健康的な生活を送っている 肌に悪い事は徹底的に排除してい …

子供 (2)
【アレルギー】子供の気管支喘息の原因 ダニアレルギーについて

アレルギーの代表として「気管支喘息」があります。 特に気管支喘息で悩んでいるお子 …

子供のアレルギー予防
【アレルギー】妊娠中にできる子供のアレルギー対策 アレルゲンを避けよう!

アレルギーは子供の内に発症し、成人してもなおアレルギーである事が最近では多いです …

花
【アレルギー】アレルギーとは 症状・病気や免疫の異常について知りたい!

いまや「国民病」とまで呼ばれているアレルギー疾患。 今では日本人の三割の方が何か …

アレルギーが悪化しやすい地域的な環境
【アレルギー】アレルギーが悪化する?! 住み慣れた環境が汚染されている

引っ越したらアレルギーが悪化した 新しい施設がたったらアレルギーの症状が出てしま …

スギ花粉(2)
【花粉症】スギ花粉症の原因と治療 花粉症対策の為に徹底的に調べてみた!

春に向けて、スギの花粉が飛び始める季節になると花粉症が心配になってきますよね。 …

アレルギー・肌荒れと黄砂の関係
【アレルギー】肌荒れと黄砂の関係 外でも中でも黄砂に対処しよう!

昨今では黄砂の飛来や、PM2.5の飛来がありますね。 体に良いものが飛来するなら …