花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【アトピー性皮膚炎】完治の為にアトピーの状態を知る 湿疹から見える事

      2015/11/07


アトピーの治療を進める上で、湿疹の状態を知るという事は重要な事です。
また、アトピーを治療するのであれば、もちろん目指すのは「完治」ですよね。

 
しかし、アトピーの完治を邪魔するアトピー性皮膚炎の特有の慢性的な湿疹が悩みの種です。
誰かが効果があるといった物も、自分には効果がなく治療が思ったように進まないところも頭を抱えさせられます。

 
そんな慢性化しやすいアトピーですが、治療には湿疹の状態や体の状態に応じたポイントという物があります。
治療を進め、最終的に完治させるには湿疹の状態に応じた治療を進める事が重要です。
それが例え自分で治すと考えていても同じことです。

 
人それぞれ湿疹の状態や進行の仕方は微妙に違います、それどころかどこからが湿疹か?という価値観すらも人によって違うのです。
そうなった場合「湿疹の状態をどういう形で測るか?」という事が効果的な治療を進め、完治を目指すうえで最初の課題となります。

 
では、完治の為にアトピーの状態を知るにはどうしたらいいのでしょうか?アトピーの湿疹の状態を見る事で何が見えてくるのでしょう?
この記事で一緒に見ていきましょう。

 

 

【アトピー性皮膚炎】完治の為にアトピーの状態を知る 湿疹から見える事

 

 

湿疹の基準を持とう! アトピー完治の全ては”観察”から始まる

湿疹の基準を持とう!湿疹の物差し-全ては観察から始まる
アトピー性皮膚炎の湿疹の状態はその日の体調や、肌の状態、気候、食べ物等からさまざまな影響を受けます。

 
アトピーは肌の状態も変わりやすく、気付いたら突然悪化した!なんて経験のある人も居るのではないでしょうか?

 
アトピー性皮膚炎を完治させるポイントは、今の自分の状態をしっかり観察する事から始まります。
そして、それぞれの状態に応じた適切な治療を進める事が完治をする上で最大のポイントです。

 
当たり前のことですが効果の高い治療を受ければそれだけ完治に近づきます
では効果の高い治療とはなんなのでしょうか?

 
高い商品を使う事?名医に出会う事?

 
いいえ違います、今自分のアトピーの湿疹の状態に合った、適切な治療をする事によってこそ、効果の高い治療となるのです。

 
今までアトピーの効果が高いとされてきた治療には「ステロイド」や「プロトピック」等の治療がありました。名医であってもこれを用いて治療を進めてきています。

 
あまりにも湿疹の状態が悪い時はステロイドやプロトピックなどの強い薬を選ぶ事も治療のポイントになるかもしれませんが、どんな状態であっても、なんでもかんでも使えば良いかと言われるとそうではないはずです。

 
何でもかんでも使ったとしても効果的な治療とならず、逆に副作用によって状態を悪化させてしまう事にもなりかねません。

 
効果的な治療を受け、過剰で効率的でない治療を避ける為にも湿疹の基準を持つ事が重要です。

 
そのためにも自分がいまどのような湿疹の状態を測る事が出来る、自分の状態が今どういう状態かを判断する「物差し」が必要なのです。
この物差しというのは「湿疹の状態」を観察する事で、その人毎の物差しが出来上がります。

 

 

 

アトピー完治の為に 湿疹とは?という事から考える

アトピー完治の為に湿疹とは?という事から考えてみる
例えば、アトピーで出来る湿疹と一言でいうと皆さん何を思い浮かべるでしょうか。

  • ぶつぶつしている
  • つぶれると水がでる
  • 痒い
  • 掻き過ぎると体液が出る

 
人によって「湿疹とはなんなのか?」という事を考えてみるとさまざまな意見が出ると思います。
痒ければ湿疹と考える人も居れば、ぶつぶつしていれば湿疹だと考える人も居るでしょう。

 
これと同じように人が「湿疹だ」と感じ始める基準となる肌の状態や、「悪化した・改善した」と思う湿疹の状態も人それぞれ違います。
いうなれば「個性」のような物が湿疹にも存在するのです。

 
何が言いたいかというと「湿疹一つとっても人それぞれ色々な状態が存在する」という事です。
人それぞれ違うからこそ、アトピー完治を目指すには自分が今どのような状態なのかを知る基準が必要となってくるのです。

 

 

 

アトピー完治の始まりは自分の湿疹を知る事が大きな一歩!

アトピー完治の始まりは自分の湿疹を知る事が大きな一歩!
人それぞれ湿疹の悪化の仕方が違うのであれば自分なりの基準となる物差しを観察によって作り上げていく必要があるのではないでしょうか。
自分の肌の状態と、周りの人の肌の状態が違うからこそ、観察によって自分の湿疹の情報を積み上げていくのです。

 
アトピー完治を目指すにはこれがとっても重要なポイントなのです!

 
アトピーの湿疹の状態毎に、それぞれ治療の方法が違うからこそなのです。

 
例えば、痒みの無い湿疹に対してステロイドなんて塗ってしまったらどうでしょう?確かに湿疹は抗炎症効果で一時的に治まるかもしれませんが過剰な治療となり副作用の方が肌へ負担になってしまうでしょう。

 
逆に猛烈に痒くて、すでに熱を持っている湿疹、掻き恐しも酷くて今にも皮膚感染を起こしてしまいそうなアトピーに対し「食事療法」だけで治療したとしましょう。
長い目で見ればとても肌にいいことかもしれませんが、修行僧も驚くような苦難の連続となる治療となるでしょう。
何より回復が遅すぎます。

 
しかし、自分がアトピーの湿疹に対して観察し、基準を持っていく事で「今自分が湿疹をどう治療すべきか」の判断が出来るようになってきます。
より効果的な治療を進める事が出来、皮膚の状態も回復し、肌のバリア機能を守りつつアレルゲンを避けて治療を進める事も可能です。

 
アトピー完治の為に基準を持つことと観察は必須であると言っても過言ではありません。

 
もちろん、治療を進める上でいくつか「薬」に頼る事になる事もあるかもしれませんが、湿疹の状態を知る基準を持ち、自分の湿疹の状態を観察して正しく把握する事で「薬を長期間使用しなければならない状況を避ける事も可能です。

 
アトピーの治療薬には副作用が自覚症状にまで及ぶものが多いので漫然と薬を使い続けるだけの治療は危険です。
アトピー完治の為にはそれぞれの段階に応じた治療を徐々に踏んでいく事が遠回りに見えて一番の近道となります。

 
アトピーは慢性化してしまう症状が悩みどころです。
しかし、その「慢性化」もただ「慢性化」で終わってしまっていては完治の一歩を踏み出す事が出来ません。
アトピーを完治させるためにもしっかりと自分のアトピーと向き合い、「今」どういう状態なのかを見極めていきましょう。

 

 

 

 

アトピー完治の為に湿疹の状態を知る 湿疹の状態をレベルで分ける!

湿疹の状態を測る - 物差しの一例

 
では具体的にどんなふうに基準をもてばよいかという事を説明していきたいと思います。
アトピー完治の為にはそれぞれの湿疹の状態をレベルでわけて考えていきます。

 
レベルについて説明する必要はないとは思いますが「1レベル」「2レベル」「3レベル」…といった風に湿疹の状態を症状や状態の強弱によって分けていくのです。

 
人によってもこのレベルは多い人も居れば少ない人も居るでしょう。
なぜレベルが多い人と少ない人の違いが出てくるかというと「アトピーがかるい人」と「アトピーがひどい人」が居るからです。

 
どんな人であっても、最初に基準を作るには「5つのレベル」で分けるのが良いでしょう。

 
更に具体的に説明します。
これは私が考える湿疹の状態をレベル分けしたものです。アトピー完治の参考にしてください。

  • レベル1(痒くない湿疹)
  • レベル2(痒い湿疹だがジュクジュクしていない)
  • レベル3(痒い湿疹でじゅくじゅくしている)
  • レベル4(痒みが強いじゅくじゅくした湿疹)
  • レベル5(痒みが強烈で全身症状にまでなった湿疹)

 
最初にレベル分けするにはざっくりと分けてみるのがベストです。
それぞれのレベルに対してキャッチコピーを設けると湿疹の状態を管理しやすいでしょう。
キャッチコピーの部分はレベル1でいうと「痒くない湿疹」と書かれている部分ですね。

 
レベル分けしキャッチコピーを立ててみると「湿疹が今どの状態なんだろう」と一目で見る事が出来ます。
このレベル毎に自分に合った治療を進めていき、特に効果があった治療方法を記録として残す事で「自分だけの治療ガイドライン」が出来上がっていきます。

 
湿疹の状態をレベル分し、治療方法を選び、特に効果が高かったものを記録として残す。
これは「自分のアトピーを管理する」一歩にもなります。

 
ではアトピー完治の為には、考えなければいけない事がまだあります。
それは、それぞれのレベルの更に詳しい湿疹の状態を思い返し、レベルごとに書いてみる事です。

 
何故、詳しい湿疹の状態を思い返す必要があるかというと次のようなメリットがあるからです。

  • 治療方法を探すのが簡単になる
  • 同じような症状の湿疹ができた場合に、治療方法を使いまわせる

具体的な湿疹の状態を思い返す事で自分はどんな湿疹のタイプか?や湿疹の治療を探すキーワードはどのようにすれば良いか?という事が検討が付きます。

 
例えば、湿疹の色は赤いのか?肌色なのか?という事一つとったとしても人それぞれ違うでしょう。
湿疹の色が赤いのであれば湿疹が炎症を起こしているので抗炎症のある治療を見つけやすくなります。
一方肌色なのであれば肌にできた丘疹を鎮める治療を見つけやすくなります。

 
具体的にすればするほど自分の湿疹の状態にマッチした治療を探しやすくなるのです。

 
湿疹の状態を思い出して詳しい湿疹の状態を定めてみる事は大変な事のように思いますか?
いいえ、実際はそんなに大変な作業ではありません。
アトピーに悩み苦しい思いをしている方は特に湿疹の状態を思い返す事は大変な作業ではないのです。

 

 

 

痒くない湿疹 – レベル1の湿疹

痒みがない湿疹-第一段階目の湿疹
アトピー性皮膚炎が起こる1段階目として、痒みがない湿疹かどうかで私は判断します。
痒みが無くても肌がぶつぶつしていたり、水泡が出来ている場合はアトピー性皮膚炎の湿疹初期症状です。

 
この状態はかゆみがない為、自覚症状こそあまりありませんが、放っておくと悪化して痒い湿疹になってしまう事があります。

 
痒くない湿疹に気付くには目で見たり、手で触った時のぶつぶつ感で判断しています。
最も、先ほども申し上げた通り、自覚症状がない為、湿疹に気付かない事もあります。

 
まとめると、レベル1の痒くない湿疹とは具体的には以下の様な湿疹を表しています。

  • 痒みがない、ブツブツしたものが出ている状態
  • 痒みがない、水疱が出ている状態

基本的に治療は必要ないと思ってしまうのがこの湿疹ですが、たいていはこの湿疹を放っておいたからこそ悪化してどんどんレベルの高い湿疹になっていってしまいます。
確かに放っておいても治まってしまう事が多いかもしれませんが、この段階で治療し早くアトピー悪化の芽を摘んでおくと良いでしょう。
 

 

 

痒い湿疹だがジュクジュクしていない – レベル2の湿疹

痒い湿疹だがジュクジュクしていない 第二段階目の湿疹
レベル2としては“痒い湿疹だがジュクジュクしていない湿疹の状態”かどうかで判断します。
この場合のポイントは痒みがあるかどうかで判断します。

 
アトピー性皮膚炎の場合は、目で見ても湿疹は無いけれど肌に痒みを感じる場合があります。
その場合もかゆい湿疹だがジュクジュクしていない湿疹と同じように2段階目の湿疹として判断します。

このあたりの湿疹になると自覚症状があるため気づきやすいです。
体に不快感を覚え、肌を書き始めてしまう段階ですね。

 
まとめてみると具体的には以下の様な状態です。

  • 痒みを伴う、ブツブツが出ている状態
  • 痒みを伴う、水泡が出ている状態
  • 痒みは無いが、ぶつぶつが一箇所に密集している状態

 

 

痒い湿疹でじゅくじゅくしている – レベル3の湿疹

痒い湿疹でじゅくじゅくしている - レベル3の湿疹
レベル3は痒みのある、じゅくじゅくした湿疹かどうかで判断します。
レベル2との違いは「じゅくじゅくしている」事ですね。

痒いことに変わりありませんが、ジュクジュクしている状態とはもっと具体的に言うと「湿疹が破けて浸出液(リンパ液)」が出ている状態です。
レベル2の場合は湿疹は破けていませんが、レベル3では湿疹が破けてしまっているのでレベルが進んだと判断しています。

この段階になると痒みの他に、湿疹から浸出液が出てきてベタベタする不快な感覚が付きまといます。
ただし、浸出液の色は無色、もしくはやや黄色がかったもので自然な体液の色をしているのが特徴です。

 
まとめてみると痒い湿疹でジュクジュクしている状態は具体的に次の様な状態です。

  • 痒みを伴う、湿疹の先端などから軽く体液がでている。
  • 痒みを伴う、水ぶくれが出ている。
  • 痒みを伴い、湿疹同士が繋がり面積が広がる。

 

 

痒みが強いじゅくじゅくした湿疹 – レベル4

痒みが強いじゅくじゅくした湿疹 - レベル4
レベル4は痒みがつよいジュクジュクした湿疹です。
この状態の場合は、湿疹以外でも掻き壊しで肌を傷付け、ただれが出ている事も多いです。

 
感覚はレベル3の時とは違い段違いに不快な気分が出ます。
肌がじゅくじゅくし、浸出液(リンパ液)が止まらず、服についてしまうと服を汚してしまうし、常に服がぶつかるような場所は服と湿疹の傷口がはりついてしまう事もあります。

 
湿疹がないところも赤みを帯びていて痒くない部分まで掻いてしまう事もしばしばあります。
このあたりになると本格的に治療しよう!という気持ちもわいている事でしょう。

 
湿疹から出てくる浸出液(リンパ液)も無色や、やや黄色がかったものよりもっと黄色い色をしています。
湿疹の周りにはこの浸出液(リンパ液)で出来た黄色い結晶のようなものもくっ付いています。

 
傷口からやや、においがする事もあります。

 
レベル4の状態をまとめてみると具体的には以下の様な状態です。

  • 強い痒みを伴う、湿疹や水泡が破れ体液が出ている。
  • 湿疹がなかったところも赤みが出ている
  • 痒くないところまでつい掻いてしまう
  • 浸出液(リンパ液)が酷く出ていて服とくっ付いてしまう事もある

 

 

痒みが強烈で全身症状にまでなった湿疹 – レベル5

痒みが強烈で全身症状にまでなった湿疹 - レベル5
このレベルづけのなかでは最強の湿疹の状態ですね。
もうここまで来ると湿疹と定義して良いのかさえわかりませんが、湿疹がある事によってもたらされる症状である事に変わりないのでレベル5として定義します。

 
レベル5は痒みが強烈で全身症状にまでなった湿疹かどうかで判断します。

 
レベル5では気が狂うほどの強い痒みを持ち、湿疹という湿疹は掻き壊しによって削げ落ちています。
触ると痛みの他、熱感や、刺激による更なる痒みが起こる特徴があります。

 
精神的には骨や筋肉まで掻いてしまいたいと思う程、正気の沙汰ではいられません。
実際に発熱している事もあり、お風呂なんて入ったら飛び上がるような痛みがあります。

 
外出する事はおろか、体の倦怠感も強く、疲労も酷いです。
家のなかでさえ動く事はままなりません。

 
体臭も酷くなることがあります。魚(?)に似たにおいがする事もあります。

 
服を着ていたくない、でも来ていないと体に埃やらなんやらがくっつくので仕方なく服を着ているような感覚にも襲われます。
まさに湿疹の中では最強の症状と言えます。(もう湿疹なのかどうか判断つかないほど)

 
レベル5をまとめると次の通りです。

  • 全身に気が狂うほどの痒み・もしくは痛みを感じる
  • 全身に筋肉痛や捻挫のような熱感や痛みを感じる
  • あらゆる間接が曲げられない、曲げられたとしても肌や筋肉などに激しい痛みを伴う
  • 全身に疲労感・倦怠感を感じ、動く事もままならない
  • 服を着ていたくないほど湿疹が酷くなる

 

 

 

 

完治の為にアトピーの状態を知る 湿疹から見える事 まとめ

完治の為にアトピーの状態を知る 湿疹から見える事 まとめ
この記事のまとめです。

 

  • アトピー完治の為には湿疹の状態を測り、自分の状態が今どういう状態かを判断できる「基準」が必要です
  • 基準は「湿疹の状態」を観察する事で、その人毎の基準が、それぞれ出来上がります
  • 基準を持つことで「今自分が湿疹に何をすべきか」の判断が出来るようになり、より効果的な治療を進める事が出来ます
  • アトピー完治の為に基準を作るにはまず5つのレベルから判断基準を持つことがベストです
  • それぞれのレベルに合わせた治療を進める事で治療の効果が上がり、アトピー完治にグッと近づきます。

 

今までアトピー性皮膚炎を始めとした肌荒れが治癒しなかった理由は、ひょっとすると「症状に合った治療」をしていなかったかもしれません。
症状に合った治療を進める上で自分なりの治療方法を考えていくことも大切です。

 
アトピーの治療を進める上での根底を自分で取り扱う事は「根本治療」に取り組むことの大きなきっかけとなります。
アトピーに悩まない人生を手に入れましょう。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様が健やかなスキンライフを送る事が出来ますように。

スポンサーリンク




 - アトピー, 連載:結果の治療 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

水
第十回:アトピーの発生を治療する(水素水で活性酸素を還元しよう)

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

炎症
【アトピー性皮膚炎】ステロイドも使えないほど悪化した時の対処 体が危ない!

アトピー性皮膚炎には小さい湿疹が状態や、ぶつぶつジュクジュクした状態、気が狂いそ …

手帳
【アトピー性皮膚炎】アトピー完治の方法 湿疹の状態を管理しよう!

アトピー性皮膚炎は治りにくい病気だと言われています。 アトピー性皮膚炎がなぜ治り …

アトピー最弱症状
【アトピー性皮膚炎】痒くない湿疹の対処は?こんな方法があったのか!

アトピーの湿疹の中にはとても症状の弱い物があります。 しかし、基本的にアトピーの …

食べ物
【アトピー性皮膚炎】アトピーを食事で治療していく! 気を付けるポイントを知りたい!

アトピーを治療する上で「食事」治療の上でとても重要になってきます。 食事は私たち …

滝
【アトピー性皮膚炎】アトピーを完治させる!塩素を除去して毎日治療!

これまでの記事では「空気」に対して基本的な内容についてお伝えしてきました。(細か …

【アトピー性皮膚炎】アトピーが痒すぎる! 痒みを素早く鎮める方法
【アトピー性皮膚炎】アトピーが痒すぎる! 痒みを素早く鎮める方法

アトピー性皮膚炎はとにかく痒い!痒すぎる! 掻いてはいけないと思いつつも強すぎる …

メリット
【アレルギー】アレルギーが悪化した! アレルギーを辛くせるアジュバントとは?

アレルギーの悪化の原因の一つとして、アレルギーを強める「アジュバント」について皆 …

【アトピー性皮膚炎】アトピー完治に空気対策は必須!対策とおすすめの商品を紹介!
【アトピー性皮膚炎】アトピー完治に空気対策は必須!対策とおすすめの商品を紹介!

アトピー性皮膚炎はさまざまな原因が絡み合う事で完治が難しい病気です。 アトピー性 …

お酒
【アトピー性皮膚炎】アトピーでお酒の飲み過ぎは禁物!休肝日を作ろう!

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …