花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【肌荒れ】肌荒れが治らない!免疫力と治癒力の関係が慢性化の原因だった!

      2015/11/07


肌荒れをはじめ、引っ掻き傷など直ぐ治るように見える傷口ですが、なかなか治癒しない事が多いですよね。

全然アレルギーを持っていなかった人がふとしたきっかけに、肌荒れが治らなくなり病院に行けばアトピー肌になってたなんてことも・・・

それはもしかすると「免疫力」が下がっているから治らなくなっているのかもしれません。
 

 
酵素

 

 

“免疫”とは?

「免疫」という言葉について少し学んでみましょう。
「そんなの言われなくてもわかってるよ~」なんて方も原点に戻ってみると新たな気づきを得る事ができるはずです。

 

免疫とは「自分とは違う異物を攻撃し、排除しようとする人間の体の防御システム」です。
この防御システムが働くお陰で私たちの体は大事に至らず健康に過ごすことが出来ます。

 

そしてこの”免疫”のシステムの中に「皮膚」が含まれています。
もう少しこの「皮膚」の免疫システムについてみてみましょう。

 

 

 

「皮膚」は人体の最前線のバリアとして働く巨大な臓器

「皮膚」は一番、”空気”や”光”、”刺激”に晒される言わば「免疫の最前線」です。

 

皮膚があるお陰で「空気中の微生物やウィルスを体内に通さない」「有害な紫外線を体内に取り込まない」等の刺激から私たちの体を守ります。

 

そして、皮膚は生命にかかわる程の巨大な臓器です。
“臓器”と言われると「心臓」や「腸」等をイメージするかもしれませんが、皮膚も立派な臓器です。

 

先ほど述べた「免疫」の働きの他「皮膚呼吸」をしているという話は有名な話です。

 

人は皮膚を全体の3分の1を失った時に死に至ります。

 

私たちが「肌」と呼んでいる「皮膚」はそれほどまでに重要な役割を持っています。

 

 

 

 

「肌荒れ」は”免疫不足”が招く?!

ざっくりと「肌」や「皮膚」と呼ばれる物の重要な働きがわかったと思います。

 

では、「肌荒れ」という物について今一度考えてみます。

 

・「肌(皮膚)」は人体の最前線のバリアとして働く巨大な臓器である。
・「肌荒れ」とは「皮膚のバリア機能が低下した状態である」

 

言葉遊びみたいですが、この二つの事実を組み合わせて「肌荒れについて」考えます。
するとこういった結論になるはずです。

 

「肌荒れ」とは「人体の最前線のバリアとして働く巨大な臓器の働きが低下した状態」

 

更に肌荒れが慢性的に続くと「アトピー肌」と呼ばれる状態になります。
これを更に考えに加えてみましょう。

 

「アトピー(慢性的な肌荒れ)」とは「人体の最前線のバリアとして働く巨大な臓器の働きが慢性的に低下した状態」

 

アトピーを初めとしたアレルギーは「免疫が過剰に働いた結果」と言われているのに、この結論は変だ!と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

では別の視点で見てみましょう。
「もし、自分の体が持ち合わせている”免疫”では現代の環境に対応できなかったら?」という考えです。
要するに「免疫力不足」です。

 

そうなった場合「免疫が過剰な状態」を生み出す必要性が出てきますよね。
ではこれをまとめてみます。

 

「アトピー(慢性的な肌荒れ)」とは「人体の最前線のバリアとして働く巨大な臓器の働きが慢性的に不足している状態」

 

このような状態であると言えます。
先天的な「免疫の不足(ドライスキン)」や、後天的な「環境の変化(引っ越したら肌荒れ悪化)」もこれで説明つくのではないでしょうか。

 

 

 

 

免疫の強い生物はどうか?

人の中でも「免疫」の強弱はあるかと思いますが、特例を除き大きな差はほぼないと思います。
比較をする上では別の免疫が強い生物を見てみる事にします。

 

それは今注目を浴びている「ダチョウ」です。

 

「ダチョウ」は生物学上ありえないと言われるほどの驚異の回復能力の持ち主です。
こんな話を聞いたことはないでしょうか?

 

 

 

あるダチョウがカラスに「首から骨が見えるほど」つつかれてしまった。
誰もが「このダチョウはもうすぐ命を落とすだろう」と考えていた。

 

しかし、次の日にそのダチョウを見たらぴんぴんしている。それどころかダチョウ首の傷はふさがり始めていた。
3日後、そのダチョウを訪れてみると首筋の傷はすっかりなくなっていた。

 

 

 

この驚異的な回復力はダチョウの持つ「抗体」、つまり「免疫」の強さにあると言われています。
ダチョウは通常の生き物と比較し、比較できないほどの多くの抗体を持っています。

免疫が強い生物とはそれだけ「治癒力」が高いと言えると思います。

 

 

 

 

まとめ:”免疫”の強さは”肌荒れ”の治癒力に関わる

 

“免疫”が強い生物は”治癒”が早い。
“免疫”が低下している、もしくは不足している場合は「治癒しない」

 

この二つを考えてみると「免疫力」というのは肌荒れの治癒に密接に関わっていると言えるのではないでしょうか。

 

そして、今回の考察では「免疫が不足」する事が「免疫を過剰にするのでは?」という考えに至りました。
・先天的な免疫不足
・後天的な免疫不足

 

この「不足」を「満足」にするよう取り組むことで「満足できる健康な肌」を築いていけるのではないでしょうか。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様が健やかなスキンライフを送れますように。

スポンサーリンク




 - 根本治療 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

心
【肌荒れ】花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する考え方

花粉であってもアレルギーであっても基本的には「アレルゲン」によって痒みが引き起こ …

肌
【アトピー性皮膚炎】きれいな肌は弱酸性! 肌の常在菌を大切にしよう!

最近ではボディーソープで当たり前のように言われるようになった弱酸性。 健康な肌は …

根っこ
【アレルギー】アレルギーの意味 治療のポイントは心?!

日本では最近アレルギーに対する認識が高まってきています。 花粉症やアトピー性皮膚 …

ガラスの天使
【肌荒れ】肌荒れが治らない原因 悪化は早いが再生が遅い!

なかなか治らない肌荒れ、非常に悩ましいですよね。 私は幼少期からアトピー性皮膚炎 …

メリット
【アレルギー】アレルギーが悪化した! アレルギーを辛くせるアジュバントとは?

アレルギーの悪化の原因の一つとして、アレルギーを強める「アジュバント」について皆 …

宝
【アレルギー】アトピーや花粉症を治す減感作治療とは?

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

3つのポイント
【アトピー性皮膚炎】アトピーを完治させる! 治療の効果を上げるポイント

アトピー性皮膚炎と言えばやはり「湿疹」「炎症」「痒み」といった症状がつらいですよ …

前提
【アトピー性皮膚炎】アトピーは寄生虫が治す?! お腹の虫が免疫に凄い

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

水道水
【肌荒れ】肌荒れの原因 塩素を除去してお肌をつるつるにする!

「水道水」に必ず含まれている「塩素」 この塩素がお肌に悪いことは有名ですよね。 …

気圧
【アレルギー】気圧や季節がアレルギー・肌荒れと大きな関係が!

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …