花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【ダニアレルギー】ダニアレルギー対策のポイント

   


喘息やアトピー性皮膚炎などなど、ダニ(ハウスダスト)が原因で毎日苦しい思いをしている人も多いのではないでしょうか。
はたまた、ダニアレルギーが原因で苦しんでいるお子様をお持ちのお父様、お母様もいらっしゃることでしょう。

 
ダニに限らず、アレルギーの症状というのはつらいもので自他共に苦しい思いをしますよね。

 
その中でも最たる原因となるのが「ダニ」であり、多くの人を苦しめる諸悪の根源ともなっています。
ダニアレルギーの人はダニに対する対策が必須となり、ポイントとなる事を知っておくだけで、ダニから受ける影響を最大減低くする事が出来ます。

 

ダニアレルギーに悩む人のためにダニアレルギー対策のポイントについてまとめました。
また、ダニアレルギー対策で利用すると効果的な商品やサービスについても紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【ダニアレルギー】ダニアレルギー対策のポイント
 

 

ダニアレルギーの対策のポイント


ポイント
ダニアレルギーは喘息の原因となったり、アトピー性皮膚炎の原因にもなるのでポイントを知って対策をしていきたいものですよね。
ダニを対策する上では「家の中のどこがダニが多くなりがちか?」という事をおさえて対策する必要があるでしょう。

 
ダニが増えやすい条件では家の中では次のような場所や物が対象になるので、これらのポイントをおさえて効果的にダニ対策をしていきましょう。

  • 布団
  • 畳やじゅうたん
  • ぬいぐるみ
  • ソファー

 
では、具体的にダニアレルギーの対策についてみていきましょう。

 

 

 

布団のダニ対策


布団のダニ対策
布団はダニが好む環境がそろいやすく、大繁殖する可能性のあるところの一つです。
また、布団は人間が人生の約1/3を過ごす場所でもあるのでダニからの影響を大きく受けるところでもあります。

布団のダニ対策としては次のような対策があります。

  • 布団を干す
  • 防ダニカバーを利用する
  • 布団クリーナを使う

 
布団を干すと布団の中の湿度が下がり温度が上がるため、ダニが死滅します。
しかし、干しただけだとまだ屍骸や糞が残っているので布団用のノゾルを使って布団の表裏に掃除機をかける必要があると言われています。

 
布団を干す時間や場所がないという方にはダニ除け布団も市販されていますがこれにはダニを避けるための薬品を使われているので、この薬品に対してアレルギー反応を起こさないよう使用する際には注意が必要です。

 
これらの薬品が心配な方は、薬を使っていないダニ除けカバーもあります。
このカバーはダニの大きさよりもカバーの線維の目を小さくすることでダニが布団の中に入り込めないようにするためのカバーです。
カバー自体は空気を通してくれる優れものです。

 
しかし、このカバーを使用するにあたって、すでにたくさんのダニが入り込んでいる布団に着けても効果はないので新しい布団に使うようにしましょう。

 
布団のダニ対策カバーについて詳しくはコチラ:布団のダニ対策に【ディーガード】

 
また、ダニは50度の温度で20分か寝るすると死滅すると言われているので布団乾燥機を使えばダニを駆除する事が出来ます。
しかし、この場合も屍骸や糞が残ってしまう為、やはり乾燥機を使った後は布団用のノズルを付けた掃除機で除去するよう心がけましょう。

 
ダニの除去に適した布団クリーナーも存在します。無料で貸出してくれる所もあるので是非そういったサービスも活用を視野に入れ、布団のダニ対策をしていってみてはどうでしょうか。

 
ダニの除去に適した布団クリーナーについて詳しくはコチラ:アトケアの布団掃除機、無料でお貸しします!


 

 

 

畳やじゅうたんのダニ対策


畳やじゅうたんのダニ対策
畳やじゅうたんは、ダニがもぐって卵を産む絶好の場所です。

 
フローリングにするとダニの数は減少し、畳やじゅうたんよりもダニの数が一桁分も減ると言われています。

 
畳をフローリングにするのが難しいという方はベッドを利用する事も有効です。
ダニを含む埃は床から30センチくらいの高さまで舞うので、ベッドにすれば埃が届かないという理屈です。

 

 

 

ぬいぐるみのダニ対策


ぬいぐるみのダニ対策
ぬいぐるみはダニの温床になりやすいです。
子供が抱いて寝たりするとわざわざアレルゲンの塊と一緒に寝ているようなものです。

 
しかし、ぬいぐるみを取り上げて健康に努めさせるのも子供の気持ちを考えるとかわいそうですよね。
ぬいぐるみは出来れば丸洗いできるぬいぐるみが望ましいですが、そうでない場合は極力掃除機でダニの屍骸や糞を除去するようにしましょう。

 
丸洗いできるぬいぐるみであれば、こまめに洗濯し同じく掃除機で屍骸や糞を除去するようにしましょう。

 

 

 

 

ダニアレルギー対策するなら、これも知っておこう

ダニアレルギーを対策するのであればぜひ知っておいてほしい事を紹介します。
ダニを退治する上で必要な知識などを知る事が出来るので是非活用してダニアレルギーを徹底排除していきましょう。

 

 

 

子供の気管支喘息の原因 ダニアレルギーについて


子供 (2)

子供の気管支喘息とダニの関係、部屋の中で増え続けるダニに対する対策について紹介しています。
お子様が気管支喘息で苦しんでいるお父様・お母様にお役に立てる情報です。

詳しくは「【アレルギー】子供の気管支喘息の原因 ダニアレルギーについて」で紹介しているのでチェックしていってください。



 

 

 

 

ダニアレルギー対策のポイント まとめ



ポイント
ダニアレルギーは喘息の原因となったり、アトピー性皮膚炎の原因にもなるのでポイントを知って対策をしていきたいものですよね。
ダニを対策する上では「家の中のどこがダニが多くなりがちか?」という事をおさえて対策する必要があるでしょう。

 
ダニが増えやすい条件では家の中では次のような場所や物が対象になるので、これらのポイントをおさえて効果的にダニ対策をしていきましょう。

  • 布団
  • 畳やじゅうたん
  • ぬいぐるみ
  • ソファー



布団のダニ対策
布団はダニが好む環境がそろいやすく、大繁殖する可能性のあるところの一つです。
また、布団は人間が人生の約1/3を過ごす場所でもあるのでダニからの影響を大きく受けるところでもあります。

布団のダニ対策としては次のような対策があります。

  • 布団を干す
  • 防ダニカバーを利用する
  • 布団クリーナを使う

 
布団を干すと布団の中の湿度が下がり温度が上がるため、ダニが死滅します。
しかし、干しただけだとまだ屍骸や糞が残っているので布団用のノゾルを使って布団の表裏に掃除機をかける必要があると言われています。

 
布団を干す時間や場所がないという方にはダニ除け布団も市販されていますがこれにはダニを避けるための薬品を使われているので、この薬品に対してアレルギー反応を起こさないよう使用する際には注意が必要です。

 
これらの薬品が心配な方は、薬を使っていないダニ除けカバーもあります。
このカバーはダニの大きさよりもカバーの線維の目を小さくすることでダニが布団の中に入り込めないようにするためのカバーです。
カバー自体は空気を通してくれる優れものです。

 
しかし、このカバーを使用するにあたって、すでにたくさんのダニが入り込んでいる布団に着けても効果はないので新しい布団に使うようにしましょう。

 
布団のダニ対策カバーについて詳しくはコチラ:布団のダニ対策に【ディーガード】

 
また、ダニは50度の温度で20分か寝るすると死滅すると言われているので布団乾燥機を使えばダニを駆除する事が出来ます。
しかし、この場合も屍骸や糞が残ってしまう為、やはり乾燥機を使った後は布団用のノズルを付けた掃除機で除去するよう心がけましょう。

 
ダニの除去に適した布団クリーナーも存在します。無料で貸出してくれる所もあるので是非そういったサービスも活用を視野に入れ、布団のダニ対策をしていってみてはどうでしょうか。

 
ダニの除去に適した布団クリーナーについて詳しくはコチラ:アトケアの布団掃除機、無料でお貸しします!



畳やじゅうたんのダニ対策
畳やじゅうたんは、ダニがもぐって卵を産む絶好の場所です。

 
フローリングにするとダニの数は減少し、畳やじゅうたんよりもダニの数が一桁分も減ると言われています。

 
畳をフローリングにするのが難しいという方はベッドを利用する事も有効です。
ダニを含む埃は床から30センチくらいの高さまで舞うので、ベッドにすれば埃が届かないという理屈です。


ぬいぐるみのダニ対策
ぬいぐるみはダニの温床になりやすいです。
子供が抱いて寝たりするとわざわざアレルゲンの塊と一緒に寝ているようなものです。

 
しかし、ぬいぐるみを取り上げて健康に努めさせるのも子供の気持ちを考えるとかわいそうですよね。
ぬいぐるみは出来れば丸洗いできるぬいぐるみが望ましいですが、そうでない場合は極力掃除機でダニの屍骸や糞を除去するようにしましょう。

 
丸洗いできるぬいぐるみであれば、こまめに洗濯し同じく掃除機で屍骸や糞を除去するようにしましょう。


 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - アレルギー, ダニアレルギー , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

気管支喘息とは
【アレルギー】気管支喘息とは 大人も子供も息が苦しい!

呼吸の際、ゼーゼー、ヒューヒューと鳴り息苦しい症状の出る喘息。 呼吸は人間の生命 …

子供のアレルギー予防
【アレルギー】妊娠中にできる子供のアレルギー対策 アレルゲンを避けよう!

アレルギーは子供の内に発症し、成人してもなおアレルギーである事が最近では多いです …

【アレルギー】子供の喘息 家で出来る対策は?
【アレルギー】子供の喘息 家で出来る対策は?

喘息は空気の通り道である気管支が狭まる事で呼吸がしずらくなるので、症状通りの「苦 …

アトピー性皮膚炎とは
【アトピー性皮膚炎】アトピー性皮膚炎とは どんなものなの?

このブログでもよく取り扱う「アトピー性皮膚炎」ですが、そもそもアトピー性皮膚炎と …

スギ花粉(2)
【花粉症】スギ花粉症の原因と治療 花粉症対策の為に徹底的に調べてみた!

春に向けて、スギの花粉が飛び始める季節になると花粉症が心配になってきますよね。 …

花
【アレルギー】アレルギーとは 症状・病気や免疫の異常について知りたい!

いまや「国民病」とまで呼ばれているアレルギー疾患。 今では日本人の三割の方が何か …

子供 (2)
【アレルギー】子供の気管支喘息の原因 ダニアレルギーについて

アレルギーの代表として「気管支喘息」があります。 特に気管支喘息で悩んでいるお子 …

根っこ
【アレルギー】アレルギーの意味 治療のポイントは心?!

日本では最近アレルギーに対する認識が高まってきています。 花粉症やアトピー性皮膚 …

そば
【アレルギー】そばアレルギーの症状と検査、対処を知りたい!

そばを食べたらアレルギーが出た。 そば饅頭を食べたら体に蕁麻疹が出た。 そば粉を …

魚アレルギー
【アレルギー】魚アレルギーに似ている! 回転寿司に行ったら痒い!

魚を食べたらアレルギーが出た。 魚を食べたら体に蕁麻疹が出た。 魚を食べたら喘息 …