花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【アレルギー】ピーナッツアレルギーが子供に多い理由 食物アレルギーと食の安全

      2015/11/07


ピーナッツを食べたら全身にぶつぶつが出た。
ゼーゼーいってむずかり、夜も眠れないほどだったのでピーナッツはやめている。

 
食物アレルギーの代名詞である卵と同様にピーナッツもアレルギー症状を起こしやすい食べ物として広く知られています。
食物アレルギーについては「食物アレルギーについて」で紹介していますので、そちらもご参考になれば幸いです。

大人のアレルギーでもピーナッツアレルギーは有名ですが、特に子供のアレルギー症状の重さが気にかかる所です。
 
この記事では食物アレルギーの一つであるピーナッツアレルギーについて記事にしています。

 

 
ピーナッツ
 

 

子供はピーナッツアレルギーを起こしやすい

食べる
ピーナッツは、まだ噛む力や飲み込む機能が十分でない二歳前後の子供がピーナッツを食べた際に、砕けた破片が気管に入り、油分が多いためになかなか治らない肺炎を起こすことがよくあります。

 
そのため、小児科医は、低年齢の子供にはピーナッツを与えないようにお父さん、お母さんにお願いする事が多いです。

 
それでは、ピーナッツバターのようにペースト状にすれば安全かというとそうではありません。

 

 

 

 

食べてないのにピーナッツでアレルギーが起きた話

本
“ピーナッツバターを食べた彼氏とキスをしたためにアナフィラキシーショックを起こした”というお話を聞いた事がありますか?
このお話があるようにピーナッツは欧米ではアナフィラキシーショックを起こす食品として恐れられている現実があります。

 

また、ピーナッツアレルギーは治りにくく、小学生になるまで持ち越す事でも知られています。

 

それはピーナッツなどナッツ類のアレルゲンは消化されにくいためだと考えられていますが、さらに調理法の違いもアレルゲンの程度と関係があるようです。

 

ピーナッツの調理法とアレルギー反応について

 
ピーナッツの調理法の一つであるローストでは、アレルゲンとしてのピーナッツの働きは低下しません。
ピーナッツの他の調理法の「フライ」や「ボイル」ではアレルゲンとしてのピーナッツの働きは低下すると言われています。

 
ローストの場合は、表面と中では火の通り方が違いやすい事がアレルゲンとしての働きを低下させる事が出来ない要因とも言われています。
たとえば焼いても中は生に近い状態のローストビーフを見ればイメージがわきやすいのではないでしょうか。

 
「フライ」や「ボイル」ではアレルゲンとしての働きが低下するといいつつも、完全にその働きを失う事は難しいようです。
ただし、生のピーナッツで食べる時と比較するとアレルギー反応は低下していると言えます。

 

 

 

 

ピーナッツアレルギーの原因

中症状
 
さて、ピーナッツアレルギーで気を付けたいのは、お母さんがピーナッツを食べると二人に一人はアレルゲンが母乳の中に分泌される事や、妊娠中にお母さんがピーナッツを良く食べると二人に一人は子供がピーナッツアレルギーになりやすいと考えられている事です。

 
なんでも食べ過ぎは良くありませんが、そもそも日本ではピーナッツの国内生産量は輸入量の10分の1程度しかありません。

 
最近のピーナッツアレルギー増加の背景には、輸入問題が潜んでいるのではないかという事も疑われます。

 

 

 

 

まとめ

まとめ (2)
この記事のまとめです。

  • ピーナッツは、まだ噛む力や飲み込む機能が十分でない二歳前後の子供がピーナッツを食べた際に、砕けた破片が気管に入り、油分が多いためになかなか治らない肺炎を起こすことがよくあります。
  • ピーナッツは欧米ではアナフィラキシーショックを起こす食品として恐れられている現実があります。
  • ピーナッツの調理法の一つであるローストでは、アレルゲンとしてのピーナッツの働きは低下しません。
  • ピーナッツの他の調理法の「フライ」や「ボイル」ではアレルゲンとしてのピーナッツの働きは低下すると言われています。
  • ピーナッツアレルギーで気を付けたいのは、お母さんがピーナッツを食べると二人に一人はアレルゲンが母乳の中に分泌される事や、妊娠中にお母さんがピーナッツを良く食べると二人に一人は子供がピーナッツアレルギーになりやすいと考えられている事です。
  • 最近のピーナッツアレルギー増加の背景には、輸入問題が潜んでいるのではないかという事も疑われます。

 
食の安心・安全の中にはアレルギーになる食品が含まれるかどうかが重要となってきている昨今ですが、その中でも多くの食べ物に用いられるピーナッツについては特に注意が必要です。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - アレルギー, 食べ物アレルギー ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アレルギーマーチ
【アレルギー】アレルギーマーチとは 次々と起こるアレルギー症状!

アレルギーを起こす原因物質は年齢によって変わってきます。 アレルギーを起こす条件 …

肌荒れが悪化! 身の回りの汚染物質に注意!
【アレルギー】肌荒れ・アレルギーが悪化! 身の回りの汚染に注意!

肌にいいことをしている 健康的な生活を送っている 肌に悪い事は徹底的に排除してい …

そば
【アレルギー】そばアレルギーの症状と検査、対処を知りたい!

そばを食べたらアレルギーが出た。 そば饅頭を食べたら体に蕁麻疹が出た。 そば粉を …

気管支喘息とは
【アレルギー】気管支喘息とは 大人も子供も息が苦しい!

呼吸の際、ゼーゼー、ヒューヒューと鳴り息苦しい症状の出る喘息。 呼吸は人間の生命 …

花
【アレルギー】アレルギーとは 症状・病気や免疫の異常について知りたい!

いまや「国民病」とまで呼ばれているアレルギー疾患。 今では日本人の三割の方が何か …

スギ花粉(2)
【花粉症】スギ花粉症の原因と治療 花粉症対策の為に徹底的に調べてみた!

春に向けて、スギの花粉が飛び始める季節になると花粉症が心配になってきますよね。 …

アレルギーが悪化しやすい地域的な環境
【アレルギー】アレルギーが悪化する?! 住み慣れた環境が汚染されている

引っ越したらアレルギーが悪化した 新しい施設がたったらアレルギーの症状が出てしま …

子供のアレルギー予防
【アレルギー】妊娠中にできる子供のアレルギー対策 アレルゲンを避けよう!

アレルギーは子供の内に発症し、成人してもなおアレルギーである事が最近では多いです …

離乳食
【アレルギー】食物アレルギーとは 即時型と遅延型を知ろう

離乳食で初めて卵を与えたら全身にぶつぶつが出た。 ゼーゼーいってむずかり、夜も眠 …

【ダニアレルギー】ダニアレルギー対策のポイント
【ダニアレルギー】ダニアレルギー対策のポイント

喘息やアトピー性皮膚炎などなど、ダニ(ハウスダスト)が原因で毎日苦しい思いをして …