花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【アトピー性皮膚炎】炎症を抑えて保護しよう ぶつぶつジュクジュク湿疹

      2015/11/07


アトピー性皮膚炎の状態にはぶつぶつジュクジュクして辛い症状があります。
この状態になると服に体液がついたり、肌に何かが触れるだけで痛くなります。

 
痛い・痒いのダブルパンチで精神的にもつらいです。

 
このように炎症が起きてぶつぶつしたときは、どう対処すれば良いのでしょうか?
私はこのような湿疹の状態を「中症状」と呼んでいます。

 
では、ぶつぶつジュクジュクした湿疹の対処についてみていきましょう。

 

 
炎症
 

 

 

湿疹と炎症は切っても切れない関係

湿疹と炎症は切っても切れない関係
ブツブツしていないのに皮膚が赤くて痒い。
湿疹は治まったけれど炎症が残っていて痛みがある。

 

 

そのように感じる方は多いかと思います。

 

 

では中症状湿疹の場合の炎症はどのように対応するのでしょうか。
私は以下のように炎症については対応します。

  • 炎症が発生している場所を保湿によって保護する。
  • 炎症が起きている場所を冷却する事で炎症を鎮める
  • 非ステロイドの抗炎症作用のある薬を塗る
  • ステロイドを塗る

 

 

 

炎症が発生している場所を保湿によって保護する。

炎症が発生している場所を保湿によって保護する。
これは既に「洗浄・消毒・保護」によってお伝えした方法で行います。
湿疹が発生している場合は、肌のバリアが弱っているので保湿をします。

そして保湿をすることで、刺激によって引き起こされる次の炎症を抑える狙いがあります。

炎症に炎症を重ねると取り除くことが困難になります。
そして、刺激によって炎症は誘発されるので保護は重要です。

 
保護については「第七回 : アトピーの結果を治療する⑥(中症状湿疹への対処 洗浄と消毒と保護)」にも対処法を掲載しているので参考にしてください。

 

 

 

炎症が起きている場所を冷却する事で炎症を鎮める

炎症が起きている場所を冷却する事で炎症を鎮める
足を捻挫したことがありますか?
突き指をしたことがありますか?

 

ほとんどの方はしたことがあるかと思います。

その場合の治療法はどのようなものでしょうか

 

 

そうです「冷やして安静にする」が基本的な方針です。
そして、「温めない」事も重要です。

 

 

炎症を起こしている場所は血流が上がる事で更に炎症が酷くなります。
それは皮膚でも同じであると、私は経験で知っています。

 

 

ちなみに”痒みを抑える”方法でも冷やす事はお伝えしましたね。
つまり、“アトピーの症状では冷やすことは優秀な対処法”であることがわかります。

 

やったことが無い方はお試しください。

 ⇒ 保冷剤を探す

 

 

 

非ステロイドの抗炎症作用のある薬を塗る

非ステロイドの抗炎症作用のある薬を塗る
いくら「冷やす」ということが優秀な治療であっても、
日常生活上でずっと冷やしているわけには行かないでしょう。

そんな場合は「抗炎症作用のある非ステロイドの薬を塗ります」
⇒ Amazonで探す

⇒ 楽天で探す

 

ステロイドは効能は非常に優秀ですが。
・ 依存性がある
・ 劇薬である

 

この為、最終手段として用います。
まずはじめは、それらの成分が含まれない薬を塗ります。

具体的には「抗ヒスタミン」の薬には抗炎症作用のある働きが期待できますので
そちらを塗って様子を見ます。

 

 

 

ステロイドを塗る

ステロイドを塗る
これまでの治療を全て行ってきた、それでも炎症が治まらない。
それどころか”今にも湿疹のレベル4にあがってしまいそうだ”。

 

こういった場合の最終手段としてステロイドを用います。
逆に、これまでの治療を行っていないのであれば私はステロイドは塗りません。

 

私は過去、ステロイド依存を経験したことがあり。
ステロイドの利用については慎重です。
脱ステを行い、1年以上もの間地獄の苦しみを味わったことがあります。

 

ただし、ステロイドは悪くありません。

 

悪かったのは「ステロイドの効果の高さに溺れ、ただ漫然と使用した私」でした。
ステロイドの効用の高さに甘えてしまっていたんですね。

なので「ステロイドを塗った日は手帳に書いて管理します」

 

 

どんなに強力な武器でもそれを取り扱う知識や管理が出来ていないと
脅威になりかねません。

 

そして、ステロイドは1週間を越えた連続使用とならないように気をつけます。

 

 

一週間で炎症・湿疹を鎮めるので最初は強めの薬を塗ります。

 

 

基本、病院で先生に相談し処方してもらうか、ドラッグストアで薬剤師の方に相談して購入するのがいいでしょう。

ただ、私自身に対しては何を使用するのが適しているのか自分でわかっている為
Amazonや楽天の通販で購入します。

 

 

理由は以下の様な理由です。

・ 医師の治療方針によっては自分の強いステロイドを処方してもらえない
・ 薬局よりも安く購入できる事が多い
・ 炎症が発生している時に、紫外線などの刺激を極力避けたい

⇒ Amazonで探す

⇒ 楽天で探す

 

 

いかがだったでしょうか、次回もそれぞれのレベルに応じた私がとっている対処について記載いたします。
お読み頂き、ありがとうございました。
私の記事がどうか皆様の悩みを取り除く助けになりますように。

スポンサーリンク




 - アトピー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

食べ物 (3)
【アトピー性皮膚炎】アトピー治療で食事に入れたい食べ物!免疫を高めよう!

アトピー性皮膚炎の治療をする上では効果の高い食べ物を食事の中にうまく取り込んでい …

中症状
【アトピー性皮膚炎】アトピーがぶつぶつジュクジュクしてる!対処の注意点は何?

アトピーの湿疹にはちょっと気になるくらいの症状があります。 そこまで酷くはないん …

アトピー性皮膚炎とは
【アトピー性皮膚炎】アトピー性皮膚炎とは どんなものなの?

このブログでもよく取り扱う「アトピー性皮膚炎」ですが、そもそもアトピー性皮膚炎と …

花畑
【アトピー性皮膚炎】アトピーの治療にアロマが効果的! 香りでリラックスしよう

アトピー性皮膚炎は痒くて痛くてイライラするし、いつ治るのか不安になるものです。 …

3つのポイント
【アトピー性皮膚炎】アトピーを完治させる! 治療の効果を上げるポイント

アトピー性皮膚炎と言えばやはり「湿疹」「炎症」「痒み」といった症状がつらいですよ …

宝
【アレルギー】アトピーや花粉症を治す減感作治療とは?

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

【アトピー性皮膚炎】アトピー完治の為に原因対策の前に読みたい記事
【アトピー性皮膚炎】アトピー完治の為に 原因対策の前に読みたい記事

アトピー性皮膚炎にはさまざまな原因があります。 その原因は複雑に絡み合い、その原 …

ステロイド副作用
【アトピー性皮膚炎】ステロイド(外用剤)の副作用ってこういう事か!わかったぞ!

様々な治療で利用されるステロイドで、一昔前は最高の薬だとか悪魔の薬だとか言われて …

湿疹
【アトピー性皮膚炎】小さい湿疹が出てしまった、対処法はこれか!

アトピーの湿疹は基本的に痒みのある湿疹を持った慢性的な症状をもっています。 この …

【アトピー性皮膚炎】アトピーが痒すぎる! 痒みを素早く鎮める方法
【アトピー性皮膚炎】アトピーが痒すぎる! 痒みを素早く鎮める方法

アトピー性皮膚炎はとにかく痒い!痒すぎる! 掻いてはいけないと思いつつも強すぎる …