花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【肌荒れ】肌荒れの原因 塩素を除去してお肌をつるつるにする!

      2015/11/07


「水道水」に必ず含まれている「塩素」
この塩素がお肌に悪いことは有名ですよね。

 

そんな塩素は水道水にいったいどれくらい含まれていて、どういった形でお肌に悪影響を与えるのでしょうか。

 

 
水道水

 

 

そもそも「塩素」ってなに?

塩素の分子は「Cl2」の分子式で表現されます。

 

「塩素」は水道の上水道・下水道の消毒や浄水場やプールの水の殺菌剤に用いられています。
また、漂白効果も高いため、パルプや衣類の漂白剤にも使用されています。

 

日本の家庭で使用できる水道水というのは、主に”川”を水源としています。
“川”はそのままではとても生活に用いる水に使用する事が出来ないため「浄水場」に貯水され「塩素」やその他薬品により「急性ろ過」されます。
そして水道管を通って家庭に届きます。

 

塩素はしばらく時間が経過すると水から抜ける特性を持っていますが、浄水場に近いご家庭は「塩素」が抜ける前に水が届きます。
これを「残留塩素」と呼びます。

 

この残留塩素は浄水場に近いほど濃度が高く肌荒れやアレルギーの諸疾患に大きく関わっているのです。

 

 

 

 

水道水にはどれくらいの塩素が含まれているのか

水道水の「残留塩素」は”水道法”により「1ppm以上」にすることが定められています。
※ppm ・・・ 英語で百万分の1を意味する言葉( parts per million ) の頭文字をとって作られた単位で、%(百分率)と同じように、百万分の1を単位とする比率の概念です

 

ここで気に留めて頂きたいのが「以上」という言葉ですね。
つまり「1ppm以上になればいくらでも塩素を入れて良いよ」という意味です。

 

「塩素」は水道水を殺菌・消毒する目的がある事、水源とする”川”の純度にバラつきがあることからこのような定めになっているのでしょう。

 

先にも述べましたが「残留塩素は浄水場に近いほど濃度が高い」ので、「汚い川を水源としている、浄水場に近いご家庭」は残留塩素の影響が強いのではないかと思われます。

 

ちなみにですが、関東圏で一番「塩素」の濃度が高い県は「埼玉」だと言われています。
この地域に住んでいる方もですが、その他の県でも水道水は浄水場を通っている以上「塩素」は必ず含まれているので塩素への対策は行う事をオススメします。

 

 

 

 

塩素は何故肌に悪いのか

塩素が何故肌に悪いのかというと「たんぱく質」を溶かしてしまう事があげられます。

 

シャワーを浴びるシーンを考えてみましょう。
蛇口をひねり、髪や肌にシャワーのお湯をかけました。

 

この時、シャワーのお湯は髪や肌のたんぱく質を溶かし始めます。
少し浴びるくらいなら恐らく髪の汚れを落とす事や肌のアカを落とすことに役立つかもしれません。

 

しかし、基本的に頭から体まで洗った場合は「シャワーのかかりすぎ」が懸念され、必要なタンパク質まで溶かしてしまう恐れがあります。

 

水道水を飲むシーンを考えてみましょう。

 

蛇口をひねり、コップに水道水を注ぎました。
コップの水を飲むと口・喉・胃・腸へと水道水は運ばれます。

 

そして、水道水は口・喉・胃・腸のたんぱく質を少なからず溶かします。
腸内の善玉菌や悪玉菌も水道水の影響を受け、バランスを崩すでしょう。

 

これらを考えるだけでも「塩素」はアレルギーや肌荒れの原因とされている場所にダメージを与える事がわかります。

 

特に”肌荒れ”で薄くなった肌に対して塩素入りの水道水を使い、さらに必要なタンパク質を溶かしたらどうなるでしょう・・・?
しつこく治らない肌荒れになってしまうのではないでしょうか。

 

また、塩素の入った水道水を用いる事で他にも様々な影響がありますので、それについてはまた別の記事に記載します。

 

 

 

 

まとめ:肌荒れやアレルギーに塩素対策は必須!!!

水源がいくら綺麗な川の近くでも「浄水場」を経由して家庭にやってきた水には少なからず「塩素」が含まれています。
そして、その「塩素」は少量では影響が少ないにしても、毎日使用していればその影響は積もりに積もって体にダメージを与え続けます。

 

衛生を求めた事での代償を私たちは”肌荒れ”や”アレルギー”という別の形で払っているのではないでしょうか。

 

私たちの健康を守る上では「塩素」に対する対策は必須だと言えます。

 

肌荒れがしつこくなおらない・・・

 

そう思いの方は自分が何気なく使っている”水”に焦点を当てて対策してみてください。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様が健やかなスキンライフを送れますように。

スポンサーリンク




 - 根本治療 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

心
【肌荒れ】花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する考え方

花粉であってもアレルギーであっても基本的には「アレルゲン」によって痒みが引き起こ …

潤い
【肌荒れ】肌の潤いを保つには? 皮膚の潤いってこれで作られてるの?!

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

根っこ
【アレルギー】アレルギーの意味 治療のポイントは心?!

日本では最近アレルギーに対する認識が高まってきています。 花粉症やアトピー性皮膚 …

気圧
【アレルギー】気圧や季節がアレルギー・肌荒れと大きな関係が!

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

前提
【アトピー性皮膚炎】アトピーは寄生虫が治す?! お腹の虫が免疫に凄い

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

宝
【アレルギー】アトピーや花粉症を治す減感作治療とは?

こんにちは、虎狼助です。 応援くださる方や、また読みに来てくださった方ありがとう …

酵素
【肌荒れ】肌荒れが治らない!免疫力と治癒力の関係が慢性化の原因だった!

肌荒れをはじめ、引っ掻き傷など直ぐ治るように見える傷口ですが、なかなか治癒しない …

3つのポイント
【アトピー性皮膚炎】アトピーを完治させる! 治療の効果を上げるポイント

アトピー性皮膚炎と言えばやはり「湿疹」「炎症」「痒み」といった症状がつらいですよ …

メリット
【アレルギー】アレルギーが悪化した! アレルギーを辛くせるアジュバントとは?

アレルギーの悪化の原因の一つとして、アレルギーを強める「アジュバント」について皆 …

肌
【アトピー性皮膚炎】きれいな肌は弱酸性! 肌の常在菌を大切にしよう!

最近ではボディーソープで当たり前のように言われるようになった弱酸性。 健康な肌は …