花粉やアレルギーによる肌荒れを根本的に治療する

花粉やアレルギーによる肌荒れの根本治療を目指すサイトです

【湿潤治療】湿潤治療は正しい傷口の治し方 湿潤治療を徹底的に知りたい!

      2015/11/07


傷口の治療には様々な治療方法がありますよね。
傷口の治し方の一つに湿潤療法があり、当サイトでも度々話題に上げさせていただいてます。

今では大きな傷口から小さな傷口まで色々な種類の傷の治し方として湿潤治療が使われています。

この記事ではこのサイトでもアトピーの傷口の治し方などで紹介している湿潤療法について詳しく説明しています。

 

 
被覆材
 

 

湿潤治療とは

水のついた葉っぱ
 
湿潤治療は肌表面にできた傷を、湿った環境に置く事で体本来の治癒力を助けて傷を治す方法です。
すり傷、切り傷、軽度のやけどを消毒して傷を乾燥させ、かさぶたを作って治す治療とは違い、傷口を水で洗い流し、創傷被覆材で、傷口をしっかりと覆う治療です。

今までの治療では再生が遅く、消毒液で元気な肌の細胞まで壊してしまう問題がありましたが、湿潤治療は消毒液を使用しないで体の自己治癒能力を最大限に生かして傷口を治癒させていく治し方なので元気な肌の細胞まで壊してしまう心配がありません。

 

 

 

湿潤治療の名前の由来

ポイント
湿潤治療は傷口から出てくる滲出液を封じ込め、湿った状態で治す治療となりますので傷口は湿った状態になります。
これが湿潤治療に「湿潤」という言葉が使われる由来です。

 
湿潤治療は他にも次のような呼び名があります。

  • 湿潤療法
  • モイストヒーリング
  • 閉鎖療法
  • 潤い療法(うるおい療法)
  • ラップ療法
  • ドレッシング療法

 
どの呼び名がついていたとしても基本的に根本的に傷口を治すのに湿潤の環境を傷口周辺に使う事には変わりありません。

 

 

 

湿潤治療で傷口を治療する上での考え方

あご
湿潤治療には前提がありますので確認しておきましょう。
湿潤治療は通常の傷口の他、ヤケドや褥瘡など、幅広く使用できる方法です。

 

 

 

湿潤治療に大事な3つの決まり事

3つのポイント
湿潤治療の考え方としては「傷口を塞ぐ」という考え方より「健康な皮膚を培養する」という考え方に近い方法で皮膚を治癒させます。

 
健康な皮膚を培養する上で重要な事は「新しい細胞が生まれるのを助ける」「新しい細胞を壊さない」「新しい細胞を健康な状態に保つ」事です。
その上で必要となるのが湿り気のある湿潤環境です。

それに対して、生きている健康な細胞というのは「乾燥」に弱いので、乾燥した状態が続くと死んでしまいます。
乾燥したかさぶたが出来ると、傷口が治ったように見えてしまいますが、実際に傷を乾かすことは、傷の治りを遅らせることになってしまいます。

 
傷口からは透明、もしくは軽く黄色くなった液体が出ます、これを「滲出液」もしくは「リンパ液」と呼びます。
リンパ液には傷口を塞ぐための成分が含まれていて、湿り気のある環境でスムーズに働くようになります。

 
上記を踏まえた上で、湿潤治療には次のような決まりごとがあります。
湿潤治療では傷口の周りにある元気な細胞を壊さないようにし、活発に働かせる事で傷口を治療していくので、次のような決まり事があります。

  • 消毒をしない
  • 乾かさない
  • 水道水でよく洗う

 

 

 

湿潤治療でには適さない傷口

ダメ
 
湿潤治療は非常に手軽に自宅でもできる治療法です。
しかし、幅広く傷口の治療に使用できるとはいえ、すべての傷口の治療として適しているわけではありません。

 
例としては次に挙げるような傷口については自分で湿潤治療で治そうとせず、医師に診てもらう必要があります。

 

  • 大量の出血を伴う傷口
  • 異物が傷の中に残っているとき
  • 動物によって噛まれた傷など
  • 刃物での深い傷
  • 大きな傷

 
上記の例で共通する事は「治療の緊急度の高い傷」や「命に関わる傷」です。
このような傷口については湿潤治療には適しません。

 

 

 

 

湿潤治療で傷口を治療するメリット

メリット
 
湿潤治療で傷口を治療するメリットとしては次のようなメリットがあります。

  • 治療が痛くない
  • 早く治る
  • 治療が楽

 

 

 

治療が痛くない

赤ちゃん
傷口は痛いですよね。
今までの方法だと傷口が消毒したり、傷口が乾燥したりするので痛みやかゆみを感じやすいです。
更に湿潤治療に使う「被覆材」はガーゼのようにはがす時痛みません。

 
時折、傷口がジクジクとする時がありますが、これは体が傷を治療しているサインです。

 

 

 

早く治る

心
 
湿潤治療の大きな特徴の一つに「早く治る」というのがあります。
先ほども申し上げた通り、傷口の内部や傷口周辺の細胞は元気な細胞です。

 
しかし健康で元気な細胞は乾燥に弱く、すぐに死んでしまう為、傷口を乾燥した状態にしてしまうと、健康で元気な細胞まで死んでしまいます。
湿潤治療では被覆材によって傷口が保護されて、乾燥やカサブタが出来る事がないため、体が傷口を治療する働きがスムーズに働くようになります。

 

 

 

治療が楽

楽
 
今までの方法では「傷口を濡らしちゃダメ」とか「毎日病院に来て消毒」等、治療がとても面倒であったり「病院に行かなきゃ」や「傷口濡らしちゃった」といった精神的な負担が大きかったですよね

 
湿潤治療で傷口を治療する商品として最近では、機密性に優れ、貼り付けたままお風呂に入る事ができる絆創膏も販売されています。
このように治療に必要な便利な商品はすぐに買えるし、楽な方法なので治療で精神的な負担が小さいことが特徴です。

 

 

 

 

湿潤治療で傷口を治療するデメリット

驚き
 
今までの傷口を乾燥させて治療する方法と比較して湿潤療法で治療した場合のデメリットもあります。
湿潤治療の方がガーゼの治療と比べて劣っている点は次の通りです。

 

  • 臭う
  • 湿潤治療を理解していない医師も多い
  • 湿潤療法が適さない場合がある

 

 

 

臭う

 
湿潤治療のデメリットとして挙げたのは「臭う」という点です。
臭うとはいえ、鼻を近づけない限り判らないくらいの臭いですが、傷口から多少の臭いが出る事があります。

 
湿潤治療は傷口を湿潤させる事で傷口の周りに滲出液やリンパ液といった体の分泌物を使って治療をします。
湿潤治療で「臭う」のは、この分泌物が発する臭いのようです。

 
しかし、人間の体内に臭いのしない分泌物等ありませんし、血にだって匂いはあります。
人間の体から出てきた物はむしろ臭う方が自然といえます。

 

 

 

湿潤治療を理解していない医師も多い

 
最近では有名になってきて、テレビでも商品が紹介されるなどになった湿潤治療ですが、まだ全体に浸透した治療法ではありません。
湿潤療法を理解していない、または理解していても今までの傷口を乾燥させる方法が一番と考え、否定しているケースもあります。

 
今までの傷口を乾燥させる方法ももちろんメリットはあるので一長一短に湿潤療法こそすべてとは言えませんが、診てもらう患者からすると傷口により適した治療方法を選んでほしいですよね。

 

 

 

湿潤治療が適さない場合がある

 
この記事の「湿潤治療でには適さない傷口」という項目でこれについては述べさせてもらいました。
傷口を乾燥させて治療する方が適していて、湿潤治療で治療する事が適さない傷口がある事はデメリットとして認識しておいた方がよいでしょう。

 

 

 

 

家庭で湿潤治療で傷口を治療する場合

家庭
 
具体的に家庭で湿潤治療を使って傷口を治療する方法について紹介します。
湿潤治療を使って傷口を治療する方法については次の流れで説明します。

  • 用意する物
  • 方法

湿潤治療で傷口を治療するのに適した商品が薬局に行けば売っていますが、ここでは家庭にあるアイテムを使った方法を紹介します。

 

 

 

湿潤治療で用意する物

道具
 
家庭にあるアイテムを使った湿潤治療では次の物を用意します。

  • 白色ワセリン
  • 創傷被覆材(ラップ・ガーゼ)
  • テーピングテープ・関節サポーター等の固定できるもの

 

白色ワセリン

白色ワセリンは皮膚の表面に油分の膜を張り、角質層の水分蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぐ効果があります。
また、外から受ける刺激から皮膚を保護する働きがあります。

湿潤治療では傷口の外側に被覆材と呼ばれる傷口を湿った状態に保つ為の保護材を使います。
その保護材が傷口に刺激を与えて傷口を悪化させない働きもあるため、湿潤治療には白色ワセリンを使用しましょう。

日頃から肌トラブルに悩んでいる方は家庭に白色ワセリンを用意しているかもしれませんが、そうでない方は家庭にないかもしれません。
常備薬の一つとして白色ワセリンを置いておく事をお勧めします。

白色ワセリンは具体的に次のような商品があります。

★ゆうメールなら送料100円★サンホワイトP-1 50g 高品質の白色ワセリン★5,400円以上お買上で宅配送料無料★(ゆうメール)【RCP】

価格:1,080円
(2014/11/16 08:02時点)
感想(512件)

 

通販で購入すると安く済むことが多いですが、マツキヨ等の薬局でも取扱いがあります。
今すぐ白色ワセリンが必要という方は近所の薬局に取り扱いがあるか聞いてみてください。

 

 

 

創傷被覆材(ラップ・ガーゼ)

被覆材は物を覆う為に使われる材料の事を言います。
一番わかりやすいもので「絆創膏」も傷口を覆う為に使われるため、被覆材の一つです。

傷口を保護するために覆うものを特に「創傷被覆材」といいます。

漢字の印象から自分で作るのは難しいのではないかと心配になりそうな方が居そうですが、作り方はいたって簡単なのでご安心ください。
創傷被覆材を作るには次の物を使用します。

  • ラップ(食品用の物でもよいです)
  • ガーゼ

ラップについては次のようなものです。一般的に家庭で使われるようなラップを使用する事がお分かり頂けると思います。

【GLAD/グラッド】 Press’n Seal プレス&シール 多用途シールラップ 幅 30cmX長さ 43.4m お買い得3個セット マジックラップ/3本

価格:1,834円
(2014/11/16 08:05時点)
感想(145件)

 

 

 
ガーゼについても念のため、次のような商品を使います。こちらも一般的に家庭で使われているような商品を使います。

FC ガーゼ 10m[ガーゼ]_

価格:475円
(2014/11/16 08:08時点)
感想(87件)

 

ラップは傷口のまわりを湿潤した状態にする役割をして、傷口に直接触れて覆うものになります。
食品に使用するもので体を覆って大丈夫かという心配もあるかもしれませんが、そもそも食べ物を覆う物なのでそこまで心配する必要はありません。

次にガーゼですが、ガーゼはラップの上から少し大きめに被せる為に使います。
ラップで傷口を覆って湿潤した状態にすると、滲出液やリンパ液と呼ばれる体の分泌液がラップの中にいっぱいになる事があります。
ラップの脇から漏れ出すと洋服を汚してしまう事もあるのでラップの横から滲出液・リンパ液が漏れ出してもガーゼで吸い取れるようにします。

また、見た目もガーゼを覆っておけば見た目も、傷口を自然に治療しているように見えます。

 

 

テーピングテープ・関節サポーター等の固定できるもの

 
「テーピングテープ・関節サポーター等の固定できるもの」は創傷被覆材を傷口に固定する為に使います。

創傷被覆材を固定できれば基本的にどんなものでもよいのですが、テーピングテープやサポーターを使用する場合の注意点としては、肌が弱い方は肌トラブルが起きやすい事が挙げられます。

テーピングテープを使った場合はテープかぶれが起こる可能性がある事や、サポータについては体格に合っていないものを使うと圧迫される事で血の流れが阻害されて肌が荒れてしまう事があります。

テーピングテープとサポーターを日ごとに使用を分ける等の工夫をすると肌トラブルを避ける事が出来ますので肌の状態に合わせて治療に使う物を変えてみてください。

サポータについては次のような一般的なサポーターを使用します。

【あす楽対応】【アルケア】[手関節サポーター]リストケア・プロ【HLS_DU】

価格:2,407円
(2014/11/16 08:12時点)
感想(14件)

ドクターニーライフ(Dr.KNEELIFE) ひざ関節サポーター【膝 サポーター】【ひざ】【RCP】

価格:2,700円
(2014/11/16 08:13時点)
感想(3件)

 

 
テーピングテープについても一般的なテーピングテープを使用します。
場所によってはテーピングテープでないと固定できないかもしれないので、念のために用意しておくとよいでしょう。

キネシオテープ 50mm1箱 (6巻入) マクダビッド キネマックス テーピング ★2箱以上ご注文で、1箱につき100円引き! KMB50【送料無料】【smtb-MS】

価格:3,066円
(2014/11/16 08:14時点)
感想(145件)

 

 

 

湿潤治療の方法

インターフェース
 
湿潤治療に必要な物をそろえたら実際に傷口を治療してみましょう。
湿潤治療では次の流れで傷口を治療していきます。

 

  1. 傷口を洗う
  2. 白色ワセリンを傷口に塗る
  3. 創傷被覆材をラップとガーゼで作る
  4. 傷口の上にラップを乗せる
  5. ラップの上から更にガーゼをのせる
  6. テーピングテープや間接サポーター等の固定できるものでガーゼを固定する
  7. 一日経過したら創傷被覆材を外し、「傷口を洗浄する」から再度開始

 
それぞれの項目についてみていきましょう。
 

 

 

傷口を洗う

シャワー
 
湿潤治療の基本である「傷口を洗う」です。
傷口を洗う場合は特別な水は必要なく、水道水の流水で洗いながします。

 
これで傷口についた雑菌や汚れを洗い流す効果があります。
傷口は非常にデリケートで新しい肌の細胞が出来上がり始めている場合は、まだまだその細胞は弱いので指でこすったりしないよう注意します。

 
流水で洗い流した後はタオルでポンポンと叩くようにして優しく拭きます。
ここでもタオルでごしごしこすってしまうと新しくできた細胞が傷ついてしまうので、こすらないように注意します。

 
乾燥させて傷口を治す方法だとこの時に消毒をおこないますが、湿潤治療では傷口は消毒しない事が基本です。
消毒では殺菌効果がありますが、同時に肌の健康な細胞も傷つけてしまい治癒を遅らせてしまいますので、ここでは消毒液は使いません。

 

 

 

白色ワセリンを傷口に塗る

保湿
 
傷口を洗い、タオルで優しく拭いたら傷口に白色ワセリンを塗ります。

 
白色ワセリンは皮膚の表面に油分の膜を張って肌の水分蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぐ効果があります。
水で洗った後の肌は水分の蒸発が早くなるので白色ワセリンを塗って水分蒸発による傷口や傷口の周りの乾燥を防ぎましょう。

 
外から受ける刺激から皮膚を保護する働きがあるので、創傷被覆材で傷口を覆うときの刺激対策にもなります。

 
白色ワセリンを塗って乾燥した状態から傷口を守ってやると痛みがすぐ和らぐ効果があるのも傷口治療にはうれしいポイントです。

 

白色ワセリンは傷口と、傷口のまわりの皮膚に塗ります。
傷口の周りの皮膚には傷口から約1cmくらい大き目に塗ると傷口と傷口のまわり全体を覆う事が出来ます。

 
塗りこむ必要はなく、少しべたついて膜が張れるくらいの厚みで塗るのがベストです。

 

 

 

創傷被覆材をラップとガーゼで作る

工具
 
湿潤治療で使う、創傷被覆材は実際に治療を始める前に行っても良いです。
創傷被覆材を作るには準備したもののうち、次の物を使います。

  • ラップ
  • ガーゼ
  • テーピングテープを使用する場合はテーピングテープ

 
創傷被覆材を作るために、まずラップを傷口を覆えるくらいの大きさにカットします。
そしてそのラップよりも2cm程大きく覆えるようガーゼをカットします。

 
ガーゼはラップから漏れる体液を吸い取る役割があるため、2つか3つくらい折って厚みを持たせておくとよいでしょう。

 

 
テーピングテープを創傷被覆材の固定に使うのであればこのタイミングでカットしておくと後で固定するときに楽になります。
実際に固定する際はガーゼの上から固定する事になるのでガーゼの幅よりも長くカットしておきましょう。

この時、ガーゼとラップは一体になっている必要はありません。
実際に傷口に当てて固定される事で初めて「創傷被覆材」となりますので、ここでは湿潤治療の下準備といった段階です。

 

 

 

傷口の上にラップを乗せる

指
 

実際に傷口の上にラップを乗せていきます。
傷口の中心とラップの中心を意識して乗せるとうまく傷口全体を覆えます。

 

 

 

ラップの上から更にガーゼをのせる

ガッツポーズ (2)
 

ラップの上から更にガーゼを乗せましょう。
ガーゼは先ほどの準備でラップより大きめに切ってあり、折って厚みも持たせています。

 

ラップの時と同じように傷口の中心とガーゼの中心を意識してのせると、傷口やラップをすっぽり覆えるはずです。

 

この時点ではまだ固定されていないので場所によっては多少ずれることがありますが後ほど固定する際に位置を調整していきます。

 

テーピングテープや間接サポーター等の固定できるものでガーゼを固定する

 
傷口にラップ・ガーゼがのっている上からテーピングテープや関節サポーター等の固定できるものでガーゼを固定します。
テーピングテープで固定する場合はあらかじめ切ってあったテーピングテープで四方を固定するようにすると後からずれにくいです。

 
関節サポーターなどを使う場合は、創傷被覆材は完全に固定されている状態ではないので位置調整をします。
しかし、日常生活で動いている途中でずれてしまう事もあるのでその場合はこまめに位置を治すようにしましょう。

 

 

 

一日経過したら創傷被覆材を外し、「傷口を洗う」から、また治療する

繰り返す
 
湿潤治療は基本的に一日一回創傷被覆材を交換し、傷口を洗う必要があります。
傷口が治るまではこれを繰り返して、傷口がしっかりふさがった時点で治療が終了になります。

 
湿潤治療は体から出るリンパ液・滲出液を使って自分の体の自己治癒能力を高め傷口を治療する方法なので、リンパ液・滲出液が出なくなったら湿潤治療は終わらせて良いと思います。

 
リンパ液・滲出液が出なくなるまでは一日一回傷口を洗う事と、創傷被覆材を交換する事は継続して行いましょう。
リンパ液が浸透しすぎて精神的に負担になるようであれば一日一回と言わず二回、三回交換しても良いと思います。

 
交換の際には傷口が臭う事がありますが、リンパ液・滲出液の臭いなのでそこまで心配する必要はありません。
ですが、明らかに魚が腐ったような臭いや腐臭がする場合は医師に診てもらう必要があります。

 
ストレスになる場合は、それが原因で傷口の治癒が遅れるので自分の状態とよく相談してペースを決めましょう。

 

 

 

まとめ

まとめ (2)
この記事のまとめです。

  • 湿潤治療は肌表面にできた傷を、湿った環境に置く事で体本来の治癒力を助けて傷を治す方法です。
  • 湿潤治療は傷口から出てくる滲出液を封じ込め、湿った状態で治す治療となりますので傷口は湿った状態になり、これが湿潤治療に「湿潤」という言葉が使われる由来です。
  • 湿潤治療の大事な3つの決まり事として次のような決まり事があります。
    1. 消毒をしない
    2. 乾かさない
    3. 水道水でよく洗う
  • 次に挙げるような傷口については自分で湿潤治療で治そうとせず、医師に診てもらう必要があります。
    1. 大量の出血を伴う傷口
    2. 異物が傷の中に残っているとき
    3. 動物によって噛まれた傷など
    4. 刃物での深い傷
    5. 大きな傷
  • 湿潤治療で傷口を治療するメリットとしては次のようなメリットがあります。
    1. 治療が痛くない
    2. 早く治る
    3. 治療が楽
  • 家庭にあるアイテムを使った湿潤治療では次の物を用意します。
    1. 白色ワセリン
    2. 創傷被覆材(ラップ・ガーゼ)
    3. テーピングテープ・関節サポーター等の固定できるもの
  • 湿潤治療では次の流れで傷口を治療していきます。
    1. 傷口を洗う
    2. 白色ワセリンを傷口に塗る
    3. 創傷被覆材をラップとガーゼで作る
    4. 傷口の上にラップを乗せる
    5. ラップの上から更にガーゼをのせる
    6. テーピングテープや間接サポーター等の固定できるものでガーゼを固定する
    7. 一日経過したら創傷被覆材を外し、「傷口を洗浄する」から再度開始

 
湿潤治療のメリットデメリットや、治療の上で用意する物や方法などについてこの記事では紹介させてもらいました。
あまりに大きな傷口や縫った方が良い傷口は医師に診てもらう必要がありますが、ちょっとした傷口などは湿潤療法で治療してみるとあっという間に治ってしまう事が多いです。

 
何よりも怪我しない事が重要ですが、もし怪我してしまった場合は湿潤治療がある事は覚えていてくださいね。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 湿潤治療 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

消毒 (2)
【湿潤治療】傷口の消毒はダメ! 正しい傷口の治し方を知りたい!

湿潤治療は「消毒しない」「乾かさない」「水道水でよく洗う」事を基本的な考え方とし …

みずみずしい
【アトピー性皮膚炎】アトピーの傷口の治し方 湿潤治療について

アトピーの傷口は湿疹が慢性化し、掻き壊しも多いことからなかなか治りません。 傷口 …

潤いの花
【肌荒れ】ドライスキンを治療する 湿潤療法 を試して効果があった!

このブログでは「湿潤療法」や「ラップ療法」といった検索ワードで訪問していただく方 …